メニュー 閉じる

47NEWS

倉敷・真備で高齢者相次ぎ犠牲に

2018.7.11 9:40 山陽新聞
Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加

 「逃げるように連絡していれば」「仲の良い夫婦だったのに」—。豪雨と河川の氾濫で広範囲が水没した倉敷市真備町辻田地区では多くの高齢者が自宅に取り残され、相次ぎ犠牲になった。悔しさ、つらさ、やりきれなさ ...

関連記事 一覧へ