メニュー 閉じる

ALSの原因、抗体で除去 滋賀医科大開発、治療に道

2018.5.31 12:07 共同通信
ALSの原因タンパク質を除去する「抗体」の開発について記者会見する滋賀医科大の漆谷真教授=31日午前、大津市

ALSの原因タンパク質を除去する「抗体」の開発について記者会見する滋賀医科大の漆谷真教授=31日午前、大津市

 全身の筋肉が徐々に動かなくなる筋萎縮性側索硬化症(ALS)の原因タンパク質を細胞内から除去する「抗体」を開発したと、滋賀医科大の漆谷真教授(神経内科)のチームが31日までに英科学誌電子版に発表した ...

関連記事 一覧へ