メタボ予防に体力測定を 新潟大が中学生で研究

2018年05月01日
共同通信共同通信

 学校現場でも実施しやすい体力テストによって、将来メタボリック症候群になりやすい中学生を発見できそうだとの研究を、新潟大の曽根博仁教授、藤原和哉・特任准教授(ともに内分泌・代謝内科)らがまとめ、国際医学誌に発表した。

 新潟県阿賀野市との共同研究。血液や血圧の検査を受ける機会が少ない未成年に、早めに生活習慣の改善を促すことができる成果だとしている。

 
 

 藤原さんによると、対象は阿賀野市の事業で生活習慣病予防のための健診と体力テストを受け、研究への参加を同意した中学2年(13、14歳)の男女計993人。

 健診では、生活習慣病やメタボに関わる体格指数(BMI)や血圧、動脈硬化を促進する血中脂質などを測定。これらを点数化し、これをメタボにつながる「代謝異常リスク」として評価した。

 体力テストでは、20メートルを繰り返し走る往復持久走という方法で心肺持久力を測り、握力・立ち幅跳び・上体起こしによって腕力・脚力・柔軟性を測定。結果を高・中・低の3グループに分け、代謝異常リスクとの関係を分析した。

 すると、心肺持久力と握力が代謝異常リスクとの関係が強く、両方が「低」の人は、両方「高」の人と比べて、リスクが約4・3倍に高まった。心肺持久力と脚力が両方「低」の場合も、両方「高」に比べて3・2倍だった。

 ただ、握力や脚力が「低」でも、心肺持久力が「中」以上なら、統計的にリスクが高いとまではいえないという。

 藤原さんは「心肺持久力と筋力の両方が低い中学生には、積極的に運動を勧める必要がある」と話している。

新聞社の注目記事

カセットこんろのガスボンベ破裂か 焼き肉中の爆発で重体の女性客が死亡 伊丹、業過致死容疑視野に捜査
12月04日
神戸新聞神戸新聞
「戦術三笘」は実は筑波大時代から 当時から抜きんでた存在に監督「チーム勝たせろ」 卒論にもまとめていた
12月04日
東京新聞東京新聞
ベトナム人実習生、偽造品販売に手を染めるケース相次ぐ 来日時に借金、コロナ禍で生活困窮
08時49分
北海道新聞北海道新聞
男性トイレに汚物入れ…設置に努める医療関係者の思い 福井、小倉智昭さんも普及のきっかけに
07時20分
福井新聞福井新聞
ロイホ「パンケーキ」酷評、思わぬ余波 ネットで擁護拡大、品切れも
10時16分
西日本新聞西日本新聞
最優秀に赤池君(松山・久枝小) 松山で県小学生プログラミング大会 「歩いて競う健康アプリ風ゲーム」
12月04日
愛媛新聞愛媛新聞
  • 共同通信会館
  • 地域再生大賞
  • ふるさと発信
  • 弁当の日
  • 共同通信会館
  • 地域再生大賞