飛鳥山でトレインビュー

2016年06月24日
共同通信共同通信
(上)「北とぴあ」展望台からの眺望、(下)「あすかパークレール」の「アスカルゴ」
(上)「北とぴあ」展望台からの眺望、(下)「あすかパークレール」の「アスカルゴ」

 東京都北区の飛鳥山公園は、徳川8代将軍吉宗が江戸の庶民の行楽地として整備した桜の名所として名高い。同時に、いくつもの路線と列車を眺めることができる都内屈指のトレインビュー・ポイントでもある。

 JRの最寄りは王子駅。利用できるのは京浜東北線だけだが、並行して東北線や高崎線、湘南新宿ラインの列車が走る。高架状の駅の、さらに上の高架を走るのは東北・上越新幹線。北陸新幹線や北海道新幹線の開業で、行き交う車両の種類が増え、さらにカラフルになった。

 地表では、王子駅の高架をくぐり、JR線と交差して都電荒川線のチンチン電車が走る。「王子駅前」停留場から坂を上って「飛鳥山」停留場までは、荒川線の中で唯一、車道上を車に挟まれるように並んで走る区間になっている。飛鳥山の満開の桜と都電を絡めた写真を撮ろうと、その季節の週末には「飛鳥山」停留場近くの歩道橋上は、カメラを手にしたファンが鈴なりになる。

 地下には東京メトロ南北線の王子駅があり、相互乗り入れの都営地下鉄や東急電鉄の車両も走る。しかし、ホームドアにさえぎられて車両の外観がほとんど楽しめないのは残念。

(上)満開の桜をバックに走る都電荒川線、(下)梅雨どきが見ごろのアジサイ
(上)満開の桜をバックに走る都電荒川線、(下)梅雨どきが見ごろのアジサイ

 珍しいのは北区が設置したモノレール「あすかパークレール」。JR王子駅中央口のそば、飛鳥山の麓から山頂までの高低差約18m、延長48mを2分で結ぶ。丸みを帯びたカタツムリに似た車両は愛称「アスカルゴ」。無料なのがうれしい。

 王子駅前には、最上階17階に展望ロビーを備えたビル「北(ほく)とぴあ」が建つ。飛鳥山の全景と、その脇を走る新幹線や在来線各線、荒川線のチンチン電車にアスカルゴまでもが一望のもとに見渡せる。航空写真のような光景はいつまでも見飽きない。

 梅雨どきの飛鳥山公園はアジサイが見ごろ。JRの線路沿いの「飛鳥の小径」に、300メートルほどにわたって色とりどりに咲き誇る。少し足を延ばせば、大みそかに諸国のキツネが集まるとの伝承がある王子稲荷神社もあって、江戸情緒を楽しめる。

 ☆美浦克教(みうら・かつのり)共同通信社編集局企画委員

新聞社の注目記事

ベトナム人実習生、偽造品販売に手を染めるケース相次ぐ 来日時に借金、コロナ禍で生活困窮
08時49分
北海道新聞北海道新聞
ロイホ「パンケーキ」酷評、思わぬ余波 ネットで擁護拡大、品切れも
10時16分
西日本新聞西日本新聞
カセットこんろのガスボンベ破裂か 焼き肉中の爆発で重体の女性客が死亡 伊丹、業過致死容疑視野に捜査
12月04日
神戸新聞神戸新聞
男性トイレに汚物入れ…設置に努める医療関係者の思い 福井、小倉智昭さんも普及のきっかけに
07時20分
福井新聞福井新聞
坂井市職員を収賄容疑で逮捕 福井県警、贈賄疑いで建設会社の役員も
15時30分
福井新聞福井新聞
「戦術三笘」は実は筑波大時代から 当時から抜きんでた存在に監督「チーム勝たせろ」 卒論にもまとめていた
12月04日
東京新聞東京新聞
  • 共同通信会館
  • 地域再生大賞
  • ふるさと発信
  • 弁当の日
  • 共同通信会館
  • 地域再生大賞