×
メニュー 閉じる メニュー

『そして、バトンは渡された』瀬尾まいこ著 主人公の成長に頼らない物語への信頼

2018.3.23 7:09 日野淳

 設定を説明するのは少々厄介だ。  主人公の優子には3人の父と2人の母がいる。実の母とは幼い頃に死別。父はその後再婚したので新しい母ができた。しかし父の海外赴任を契機に離婚。小学生だった優子は継母と ...

日野淳

名前 :日野淳

プロフィール:ひの・あつし 1976年生まれ。出版社で15年間、小説、音楽、ファッションなどの書籍・雑誌の編集に携わり、フリーランスに。今、読む必要があると大きな声で言える本だけを紹介していきたい

関連記事 一覧へ