メニュー 閉じる メニュー

(253)「段」 粗金を打って鍛える

2013.7.25 12:02

 陸上 競技 (きょうぎ) の「 円盤 (えんばん) 投げ」と「 三段跳 (さんだんと) び」。「円盤」の「盤」にも「三段」の「段」にも「 殳 (しゅ) 」がありますね。その「盤」と「段」の 紹介 (しょうかい) です。

dankanzi.JPG

 まず「盤」のほうから。国民的 演歌 (えんか) 歌手だった三波春夫さんのデビュー曲に「チャンチキおけさ」という歌があります。「知らぬ同士が小皿 叩 (たた) いてチャンチキおけさ」という歌。お酒を飲み、皿を楽器のようにたたきながら歌うのです。今はあまり見られない光景ですが、古代中国でも皿を楽器代わりにしたようです。それを表す文字が「 般 (はん) 」や「盤」なのです。

 「般」の「 舟 (ふね) 」は「盤」の形です。「盤」は「たらい、はち、さら」のこと。「殳」は、つえぐらいの長さの 戈 (ほこ) です。

 つまり「般」は「舟」(盤)を楽器として「殳」で打つことです。 般楽 (はんらく) とは「楽しむ」ことですが、「般」に「たのしむ」の意味があります。広く全体にわたる「 一般 (いっぱん) 」や先ごろの意味の「先般」などにも使います。

 「円盤」の言葉にも表れていますが、「盤」には円形のものが多いので「めぐる、まわる」の意味があります。加工する 金属 (きんぞく) を回転させながら 削 (けず) ったりする工作機械を「 旋盤 (せんばん) 」と言います。

 JR 常磐 (じょうばん) 線の「磐」は石の円くて大きなもののこと。 火傷 (やけど) や切り 傷 (きず) が治ったあとに残る 傷痕 (きずあと) を「 瘢痕 (はんこん) 」と言いますが、「瘢」は円形に残った傷痕のことです。「 搬入 (はんにゅう) 」の「搬」は物を入れた盤を手に持つことで「はこぶ、うつす」の意味です。

 さて「三段跳び」の「段」のほうですが、この「段」の左側は 粗金 (あらがね) の形です。「つえ戈」である「殳」には、何かを「打つ」意味があります。つまり「段」は粗金を打って 鍛 (きた) えることです。

 この「段」は「 鍛 (たん) 」の元の字。「鍛」は「きたえる、たたく」の意味の文字です。農具などを作るために、 薄片 (はくへん) の 金属 (きんぞく) を打ち鍛えることを 鍛錬 (たんれん) ・鍛練と言いますが、この言葉は努力して 技 (わざ) や芸、心身を鍛える意味にも使います。(共同通信編集委員 小山鉄郎)

【編注】今回テーマの漢字「段」は小学6年生で学ぶ漢字です。

最新記事