メニュー 閉じる メニュー

プンタ君、仙台イタリアンの主役になるか

2007.12.17 10:00 共同通信
前冬完成した「牡蠣とプンタレッラのスパゲッティ」
前冬完成した「牡蠣とプンタレッラのスパゲッティ」

まいどぉ!はじめまして白河以北たけっちです。東北は宮城の片田舎OHSAKIより、日頃の美味いもんネタを気の向くまま、わがままにレポートしていきまっせぇ! 若輩もんゆえ、厳しいご意見、ご感想をお寄せいただければ幸いです。

さてさて、記念すべき初投稿は仙台でしか食べられないローマの野菜「プンタ君」を使ったスパゲティです。

プンタ君の本名は「プンタレッラ」。覚えられない人は、プンタ君と読んでください。このプンタ君、新しい食材を宮城から発信したいと考えていた県農林水産部の新食材振興チームが、農家の協力を得ながら4年にわたる試行錯誤の栽培実験を続けてきたものです。で、このほど出荷から流通商品化へプロジェクトを成功へと導きました。

gohan_attention.jpgそれにしても……ローマ野菜・プンタ君がなぜに宮城で??? と首をかしげる人もいるでしょう。理由のひとつは、宮城とローマが姉妹県だからです。伊達政宗の家臣・支倉常長がローマ法王に謁見し…… そんな歴史はさて置き、空前の仙台市内の乱立するイタメシ屋ブームにも乗って、プンタ君の存在が少しずつ認知されています。なんといっても、プンタ君は、食品成分上似たもの野菜(レタスやセロリ)と比べ、格段にナトリウム、βーカロチンや食物繊維が多い! この特長は、荒んだ食生活の助けにも一役買いそうで、嬉しい限り(^^:)

今回、現物そのものの写真は撮影できませんでしたが、サラダになるちょっと手前の刻んだヤツを、仙台市青葉区一番町の「イル・クオーレ」さんで確認成功。また仙台市青葉区上杉にある「デル・カピターノ」さんでは三陸産の牡蠣と絡ませて仙台オリジナルメニューを完成させました。punta_sozai.jpg

三陸産の牡蠣は小ぶりですが、プリプリに身が引き締まる良質な品種。軽くソテーした牡蠣はエキスをたっぷり出し、上質なパスタソースとしてもグー。プンタレッラはどちらかというと、苦味のある毒消しの役割。アンチョビソースで和えたものを絡ませて出来上がりです。

冬の味覚の仙台新名物となるか、いやはや立派な「仙台イタリアン」なる新ジャンルの確立を予感させる試みです。みなさーん! 仙台へお越しの際は、こんな食材の取り合わせメニューで一献いかがですか?

 

 

白河以北たけっち>
住所  :仙台市青葉区上杉2-4-21 リバーシティ上杉1F
電話番号:022-711-8726
オススメ:カキとプンタレッラのスパゲティ

最新記事