×
メニュー 閉じる メニュー

特大チャーシューのラーメン 【GOHAN特製原稿】

2011.2.7 11:48 共同通信
炙り味噌チャーシューめん(赤味噌)
炙り味噌チャーシューめん(赤味噌)

 「水戸名物味噌納豆ラーメン」。それに加え「食べくらべてみませんか」と強気の看板。筆者のB級グルメ魂に火をつけられ「これは食してみないと許さない」という感じになった。

 お店に入ってみると、ランチタイムという時間帯だったので、ほぼ満席の状態だったが、カウンターは空いていたので、そこに座ってメニューを見る。表の看板に惹かれて「水戸名物味噌納豆ラーメン」を探し始めたが、その他にもいろいろメニューがあり、1回だけの取材では終わらないお店と感じ、メニューをすべて見ることにした。

 そこで目を惹いたのが、味噌へのこだわりだった。お勧めが「赤味噌」「白味噌」だったので、まずはこれから食してみたいと思い「炙り味噌チャーシューめん、赤味噌」を注文した。


「ラーメンとん太」大洗店の正面入り口
「ラーメンとん太」大洗店の正面入り口

 ラーメンが来るまでお店の中を見渡していたところ、面白い看板を発見した。今どきだが、チャレンジャー募集の看板。チャレンジは2パターン。

 まず最初は「超激辛挑戦!」、あの超辛い「ハバネロらーめん」だ。ベースはネギチャーシューラーメンのようだ。お店は勧めていないが、誰か試してみないかといった感じ。値段は1000円。失敗しても自己責任になるので、辛いもの好きにはたまらないかもしれない。

 二つ目は「超特盛『スペシャルとん太』パワーアップバージョン」だ。な、な、なんと麺4玉、スープ3人前、モヤシどっさりの山盛りを20分以内にスープの一滴も残さずに完食できたら、賞金3000円というもの。しかし、失敗すれば2500円支払うという超シビアなチャレンジだ。


いろいろな種類の麺類などが載っているメニュー
いろいろな種類の麺類などが載っているメニュー

 成功できる人は、あのギャル曽根みたいな大食いの人で、そんなにいないと思ったが、すでに2人が成功しているとのこと。そのうちの1人は16分20秒で完食したと聞いてびっくり。想像しただけでも、筆者は無理と判断するしかない。そんなことを考えていたところに注文したラーメンセットが来た。

 ラーメンを見てまたまたびっくり。何だこのチャーシューは?お店の店長が「してやったり」という顔でキッチンの奥で薄笑いをしている。「う、ここでひるんではいけない」と思い、早速、食してみた。


天井からぶら下げられた超激辛、超特盛チャレンジ募集の看板
天井からぶら下げられた超激辛、超特盛チャレンジ募集の看板

 筆者が注文したラーメンのスープのベースは赤味噌。どんよりしたスープで、一口飲んだところ、煮干が効いた濃厚な味わい。そのスープにストレート麺(中麺)が良くなじんでおり、一口食べればもっと食べたくなる。

 トッピングとしては焦がしたニンニク、モヤシ、ネギ、メンマなどが載っているが、何と言っても分厚いチャーシュー3枚がすごみを増している。これで980円。納得できる金額のように筆者には思える。このときは餃子とライスをセット。セット料金はプラス320円なので、合計1300円の結構、満腹のコースだった。


「炙り味噌チャーシューめん」の分厚いチャーシュー
「炙り味噌チャーシューめん」の分厚いチャーシュー

 チャーシューがどれだけ厚いかって?これだけ厚い。写真では、いまいち伝えきれないかな。一度、食してみては?スープの味はお好みで7種類を用意してくれるみたいで、麺の固さも選べる。また、学生には学生証を見せれば学割があるような…。メニューに記載があったが、確認できず。もし食する学生がいたら確認してみてほしい。

 次回はお店に入ったきっかけになった「水戸名物味噌納豆ラーメン」を食してみないといけない。次回のレポートにご期待くだされ。

 

 

BooBoo7@茨城 (共同通信)
住所  :茨城県大洗町和銅18-4
電話番号:029-267-1041
オススメ:炙り味噌チャーシューめん(お勧めは「赤味噌」と「白味噌」)
営業時間:11時-24時(日曜は23時まで)

最新記事