メニュー 閉じる メニュー

梅酒の梅の実で美味菓子「梅小町」誕生

2012.1.9 9:20 共同通信
白と黒の「梅小町」
白と黒の「梅小町」

 徳島県下の梅どころ・吉野川市美郷で、梅酒に使った後の梅の実を利用して各種の菓子作りが進んでいる。既に3種類の菓子が誕生したが、このほどチョコレートの入った「梅小町」を作り出し、美郷物産館にデビューさせた。賞味した人たちは「こりゃあ、いける」となかなかの評判だ。

 美郷で収穫される梅は、生のまま出荷するか、梅干しにしたり、梅酒に利用したりしてきた。梅酒に使った梅の実は、梅酒が醸造されると取り出し、大半を廃棄処分にしてきた。ところが捨てる量は大変なもの。

 処分される梅の実は「とてもおいしいものなのに、あまりにもったいない。何とか利用することはできないものか」というのが関係者の悩みの種だった。

 ことし8月、梅酒の梅の実を使って菓子を作っては―との話が持ち上がり、旅館、民宿、レストラン、農家など6軒が美郷商工会の音頭とりで美郷スイーツ研究部を発足させた。6軒はそれぞれ工房を持ち、梅酒の梅の実を使っての菓子作りに取り組んだ。


■美郷物産館にデビューした「梅小町」
■美郷物産館にデビューした「梅小町」

 このほど開発した「梅小町」は、旅館などを営む村田商店(村田芳久代表)で作られた。村田さんの長女ひとみさん、二女みどりさんが主力になっての作品。

 パウンドケーキの生地に梅酒の梅の実を刻み込み、チョコレート、アーモンドをベースに、丸めてココアパウダーで仕上げた。チョコレートは白と黒の2種を使用、一つ一つ丁寧に直径3センチほどの白と黒の「梅小町」を誕生させた。

 スムーズな誕生ではない。「カリカリ感がある」「味が一定しない」「梅酒の梅の実の刻み込みが粗過ぎたのでは…」などと試行錯誤の連続だった。そのかいあって、味わった人たちは「歯ざわりがいい」「こんなの初めて。梅の食感がいい」「チョコと梅酒の梅の実が微妙に溶け合う」などとの評価が聞けた。


■美郷で収穫された梅の実で作られる梅酒
■美郷で収穫された梅の実で作られる梅酒

 研究部は、これまでに新作3点を美郷物産館に並べている。村田商店のパウンドケーキ「うめ浪漫」、あぐり工房美郷の「梅酒の実 ラスク」、ほのぼの工房の「梅酒の実の梅乃志」だ。

 また、ほのぼの工房は「チョコっとグミ」を作りつつあり、1月中旬にも梅酒の梅の実の入った菓子第5弾として晴れ舞台の美郷物産館に顔見世させる計画。

 梅酒の梅の実を使って次々とスイーツに生まれ変わらせているスイーツ研究部に、地元の人たちは「あの梅酒の梅の実がこんなに再生されるとは…」と、物産館に登場したスイーツたちに笑顔を送っている。………≪記事全文はこちら≫

 

 

イコールグルメ@徳島(イコールグルメ 徳島)
住所  :徳島県吉野川市美郷字峠463-3(村田商店の住所は同市美郷字古土地131-4)
電話番号:0883-26-7888(村田商店の電話は0883-43-2602)
オススメ:梅小町(15グラム)

最新記事