メニュー 閉じる

【3198】千年乃松 純米(せんねんのまつ)【福岡県】

2017.12.25 13:32
福岡県久留米市 千年乃松酒造
福岡県久留米市 千年乃松酒造

【日本酒研究会月例会 全6回の①】

 異業種の酒飲み人が月1回、M居酒屋に集う日本酒研究会。研究会とは名ばかりで、単なる飲み会。ちょっとカッコつけて研究会だ。今回はS、Fが仕事のため欠席、5人での例会となった。

 店主がトップバッターとして持ってきたのは「千年乃松 純米」。わたくしにとっての初蔵酒だ。全国の現役全蔵の酒を飲みたい、というわたくしの願いに協力してくれている店主が、わたくしにとっての初蔵酒をあちこちから探してくれるのだ。ありがたい、感謝感謝、だ。

 店主は前回から、福岡県の未飲蔵酒を集中的に仕入れており、前回は5蔵、今回は6蔵の福岡酒をわたくしたちに出してくれた。普通の居酒屋では飲めないものばかりだ。その中からまず「千年乃松 純米」をいただく。

 KI「いいね」
 H 「すっきりした酒だ」
 KI「果物の香りがする」
 T 「セメダイン香(ベンゼン環芳香族系の芳香)がする」
 KO「悪くない」
 H 「トップバッターにふさわしい」
 酒蛙「たしかに一番最初に飲む酒にふさわしい。さっぱり、すっきり、さわやか。酸が立って飲み飽きしない。甘みと旨みがすくなく、余韻は苦み」
 KO「やや辛口酒だね。後から甘みがすこしくる」
 酒蛙「同感だ。ざっくり言えば、やや淡麗辛口。香りは抑えている」

 瓶の裏ラベルは、この酒を「まろやかで口当たりがよくさわやかな風味 伝承的旧来法で造った健康酒です」と紹介している。「伝承的旧来法で造った」とは、いったいどんな方法なのだろう??? また「健康酒」とは何を意味しているのだろう??? 分からないことだらけの説明文だ。かみくだいて、具体的に書いていただきたい。

 裏ラベルの表示は「製造方法 純米仕込み、原材料名 米(国産)米麹(国産米)、精米歩合70%」にとどまり、使用米の品種名が非開示なのは残念だ。

 酒名・蔵名の「千年乃松」の由来について、福岡県酒造組合のサイトは以下のように説明している。

「阿蘇山系に水源を持つ筑後川を、筑後高良山付近一帯の住民は、昔から(千歳川)と呼びはしています。母なるこの川は、太古より筑後平野を潤し、五穀を豊かにみのらしながら千年も万年も長生きしたいとの人間の願望を<千歳>と言う名に託してあります。また、耳納山系の永遠に変わらぬ<松の緑>をめでたしとし、あわせて<千歳乃松>と呼称したと云われており、戦後(千年乃松)と句を改めました」

関連記事 一覧へ