10月新設住宅着工3カ月ぶり減 1.8%、持ち家減少が押し下げ

2022年11月30日
共同通信共同通信

 国土交通省が30日発表した10月の新設住宅着工戸数は前年同月比1.8%減の7万6590戸となり、3カ月ぶりのマイナスだった。注文住宅の持ち家の減少が響き、全体を押し下げた。

 注文住宅の持ち家は18.7%減の2万1834戸で11カ月連続のマイナスだった。減少傾向が続く主な要因として、担当者はウクライナ情勢による資材高を挙げた。

 分譲住宅は4.8%増の2万1841戸で、3カ月連続のプラス。主な内訳はマンションが10.2%増の9298戸、一戸建ては1.4%増の1万2462戸だった。

 貸家は7.3%増の3万1996戸で、1年8カ月連続のプラスだった。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/