ロシア、子ども1万人を強制移住 人権団体「戦争犯罪」指摘

ロシア西部ベルゴロド州に設けられたウクライナ避難民のための収容施設の敷地で子どもを抱く女性=9月(タス=共同)
ロシア西部ベルゴロド州に設けられたウクライナ避難民のための収容施設の敷地で子どもを抱く女性=9月(タス=共同)
2022年11月26日
共同通信共同通信

 【キーウ共同】ウクライナ政府は26日までに、ロシアが侵攻後に制圧地から強制移住させたウクライナ人が子どもだけで1万1461人に上り、329人が行方不明との統計を発表した。ロシア側はウクライナの攻撃から身を守るための「避難」と正当化し、プロパガンダにも利用するが、人権団体は「戦争犯罪」と非難している。

 「彼が来てから家族の笑い声が増えた」。戦闘で親を失ったウクライナ東部の子どもを養子に迎えたロシア人家族のドキュメンタリー番組が10月下旬ごろからインターネットで拡散した。ロシア側が制作したとみられる番組で、子どもは「居心地が良い」と話した。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/