民主主義への信頼再構築を強調 駐日米大使、中間選挙で

記者会見で話すエマニュエル駐日米大使=21日午前、東京都千代田区
記者会見で話すエマニュエル駐日米大使=21日午前、東京都千代田区
2022年11月21日
共同通信共同通信

 米国のエマニュエル駐日大使は21日、日本外国特派員協会(東京)で記者会見し、今月の米中間選挙が平和裏に行われ「米国(の民主主義)に対する信頼が再び築かれた」と強調した。バイデン政権下で「米国は安定し、政治や経済、同盟関係はより強化された」と述べた。

 一方、ロシアのウクライナ侵攻や中国の攻撃的な「戦狼外交」は、自国だけでなく周辺地域の政治や経済に打撃を与えていると批判した。

 エマニュエル氏は、2021年1月の米議会議事堂襲撃事件で「民主主義は揺らいだ」と振り返りつつ、約2年間での政治的安定の回復を強調した。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/