メニュー 閉じる メニュー

【聖火リレー アーカイブス(39)】 聖火、熊本の豪雨被災地に 氾濫の球磨川沿いを走る

2021.5.9 12:00 共同通信
昨年7月に豪雨被害を受けた青井阿蘇神社を走る聖火ランナー。橋の欄干は壊れたまま=5日午前、熊本県人吉市
昨年7月に豪雨被害を受けた青井阿蘇神社を走る聖火ランナー。橋の欄干は壊れたまま=5日午前、熊本県人吉市
 東京五輪の聖火リレーは5日、全国19府県目となる熊本県でスタートした。昨年7月の豪雨で甚大な被害が出た人吉市で人吉城跡の広場を出発し、氾濫した球磨川沿いを走った。水俣市ではランナーが船に乗り込んで海を進んだ。
 人吉市のランナーは損壊したままの商店など豪雨の爪痕が残るルートを駆け抜けた。ボクシング元世界王者福原辰弥さん(31)は被災した国宝・青井阿蘇神社の楼門前まで聖火を運び「被災地に元気を与えたいと思い走ったが、沿道の応援で逆に元気をもらった」と話した。
 水俣市ではランナーが乗った船が、大漁旗を掲げた漁船を引き連れて海上をパレードし、沖合の小島まで運んだ。天草市では、小型ヨットで太平洋を横断した全盲セーラー岩本光弘さん(54)が走り、熊本県のPRキャラクター「くまモン」も応援に駆け付けた。
 宇土市では県出身の放送作家小山薫堂さん(56)がランナーを務めた。八代市ではスポーツキャスターの陣内貴美子さん(57)がこの日最後の走者となり「故郷っていいなという感謝の気持ちを込めた」と話した。6日は2016年4月の熊本地震で被災した益城町や阿蘇地域、熊本市を巡る。