てくてくjapan

ちっちゃなミュージアム

2008年01月23日

ジュサブロー館 人形に魂吹き込む場所

おすすめ度:★★★★★

BS-0082__-200609151522_S.jpeg
1階奥の小さな劇場「目玉座」


 かつて人形浄瑠璃の芝居小屋が並んでいたという人形町。江戸情緒が残るこの町に、NHKの新八犬伝や、蜷川幸雄氏演出の舞台の衣装で知られる人形作家辻村寿三郎さんの美術館がある。

 1996年に開館。英国のステンドグラス入りの引戸をがらりと開けると、常時80体もの人形たちが迎えてくれる。不思議の国に迷い込んでしまった気分だ。

 2階には、新八犬伝のキャラクターや能を舞う織田信長と武田…


  続きはこちら

コメント (0) | トラックバック (0)


   これまでの記事

ジュサブロー館 人形に魂吹き込む場所 【ちっちゃなミュージアム】
日本文具資料館  筆記具と計算機の歴史 【ちっちゃなミュージアム】
TOUMAI 大陸横断家が集めた民具  【ちっちゃなミュージアム】
めがねの博物館 希少品で眼鏡の歴史たどる  【ちっちゃなミュージアム】
ボタンの博物館 歴史秘めた小さな工芸品 【ちっちゃなミュージアム】
江戸東京たてもの園 家が歴史を物語る 【ちっちゃなミュージアム】
相撲博物館 伝統文化の貴重な資料 【ちっちゃなミュージアム】
子規庵 思い伝えるのどかな空間 【ちっちゃなミュージアム】
地下鉄博物館 模擬運転を体験  【ちっちゃなミュージアム】
「悲しい酒」を 古賀政男音楽博物館  【ちっちゃなミュージアム】