新東京絵図 ほっとクリップ 東京ONEショット ちっちゃなミュージアム ニッポン名場面

読者からのコメント

てくてくjapan

ほっとクリップ

2009年09月04日

どこでもジオラマが出現 A3サイズ「会社でも」  

おすすめ度:★★★★

%E3%81%A9%E3%81%93%E3%81%A7%E3%82%82%E3%82%B8%E3%82%AA%E3%83%A9%E3%83%9E.jpg

「どこでもジオラマ~」と言って、ドラえもんが取り出しそうな鉄道の風景模型が、今夏の東京おもちゃショーに登場した。A3サイズで鍵付きアタッシェケース入り。持ち歩き可能で、開ければジオラマが現れるという驚きの商品だ。


 Tゲージと呼ばれるレール幅は、世界最小という3ミリ。ぐるぐる走り回る電車の長さは4・5センチ。虫眼鏡で見ないと細部は分からないが、ビル街や道路、森林、トンネルがリアルに造形されている。こんなジオラマがクリーニングキットやUSB電源ケーブルなどとケースに収まり、総重量は約700グラム。


 手掛けたのは、おもちゃ製造の栄進堂(大阪市)。価格は5万2500円で、受注生産をする。狭い部屋でも楽しんでもらいたいと開発したが「会社に持って行って眺めたい」「ベッド横に置き、寝る前に癒やされたい」といった予想外の引き合いがあるそうだ。商品名は「アタッシュケースジオラマ」。ホームページはhttp://www.kk-eishindo.co.jp


地図はありません。


Mr.kibe.jpg