新東京絵図 ほっとクリップ 東京ONEショット ちっちゃなミュージアム ニッポン名場面

読者からのコメント

てくてくjapan

ほっとクリップ

2009年07月09日

都心に「力士シール」増殖 特異な顔、誰が、なぜ?   

おすすめ度:★★★

%E9%8A%80%E5%BA%A7%E5%8A%9B%E5%A3%AB%E3%82%B7%E3%83%BC%EF%BE%99.JPG

「近ごろ都にはやるもの」とまではいかないが、銀座や渋谷、神楽坂といった東京で人気の繁華街に、奇妙な張り紙が増殖中だ。相撲取りのような顔が二つ重なって見えることから「力士シール」と呼ばれ、インターネットで憶測が飛び交っている。


 張られているのは看板やダストボックス、電柱など。一度見ると忘れられないデザインで、大きさは縦20センチ、横15センチのものから、こぶし大ぐらいまで。図柄も微妙に異なって、何パターンもありそうだ。ネット上の説によると、昨年から目撃例があり、相当な勢いで広がったという。


 銀座2丁目で力士シールに触ってみた。べっとり張られ、容易にはがれない。誰が、なぜ?。毎日ここを通る女性は「面白いというより、気味が悪い…」と話す。早くも評判は土俵際かも。




地図はありません。


Mr.kibe.jpg