新東京絵図 ほっとクリップ 東京ONEショット ちっちゃなミュージアム ニッポン名場面

読者からのコメント

てくてくjapan

新東京絵図

2008年09月11日

今と昔が同居する観光島 江ノ電で湘南のシンボルへ  

おすすめ度:★★★★★

%E6%B1%9F%E3%81%AE%E5%B3%B6%E3%83%BB%E6%B1%9F%E3%83%8E%E9%9B%BB.jpg
島の西側にある岩場

 神奈川県の藤沢駅と鎌倉駅を結ぶ約十キロを、鼻歌交じりの気楽な速度で進む江ノ電。正式は江ノ島電鉄だが「江ノ電」の方が通りがいい。

 江ノ島駅で降りて海に続く、にぎやかな商店街を進むと、江の島と陸をつなぐ長さ三百八十九メートルの弁天橋が姿を現す。ぎらぎらの太陽。青い空をゆっくりと横移動する雲を背に、江の島が暑さでゆらめいている。

%E6%B1%9F%E3%81%AE%E5%B3%B6%E3%83%BB%E6%B1%9F%E3%83%8E%E9%9B%BB%E6%B1%9F%E3%83%8E%E9%9B%BB.jpg

 湘南のイメージは石原慎太郎・裕次郎兄弟、それともサザンオールスターズ? サザンのデビュー曲「勝手にシンドバッド」にも登場する周囲約五キロの島はまさにシンボル。遠目に見るとクールで「イカした感じ」なのだ。

%E6%B1%9F%E3%81%AE%E5%B3%B6%E6%B5%9C%E9%81%8A%E3%81%B3.jpg

 だが島に入ると、今と昔が仲良く同居する伝統的な観光地が見えてくる。寺院や神社があり、参道には食堂や土産物屋も。「さあ、らっしゃい」と盛んに声を掛けてくる。若者が集まる片瀬海岸の利用客を含め、昨年は千三百四十万人以上が押し寄せた。

%E6%B1%9F%E3%81%AE%E5%B3%B6%E3%83%BB%E5%B0%84%E7%9A%84.jpg

 島のてっぺんには、海岸を一望できる展望灯台がある。徒歩で坂道を上ってもいいが、年配者は「エスカー」が便利。頂上まで大人三百五十円。どんなイカした乗り物かと思えば、ただのエスカレーターなのだが、ここではそんな名称でなじんでいる。

%E6%B1%9F%E3%81%AE%E5%B3%B6%E3%83%BB%E9%8D%B5.jpg

 島の裏にある岩場に行くと、自然にできたプールで家族連れが声をからしてはしゃいでいた。大人が頭から飛び込める深さ。「五メートルあるそうですよ」とお母さんは元気に笑う。そばにある「江の島岩屋」も、波の浸食でできた奥行き百メートルを超えるイカした洞窟だ。



   
 【ぽけっとメモ】%E6%B1%9F%E3%81%AE%E5%B3%B6%E3%83%BB%E3%81%82%E3%81%98%E7%94%9F%E3%81%97%E3%82%89%E3%81%99%E4%B8%BC.jpg 江の島参道沿い「磯料理天海」の「あじ生しらす丼」(1575円)は、カタクチイワシの稚魚のシラスとアジが同時に楽しめる一品。深い味わいと、つるりとしたのどごしがいい。  JRの東京―藤沢が950円。江ノ電の藤沢―江ノ島は210円。