47NEWS >  スポーツ >  スポーツリレーコラム >  芹澤 渉

ライター名

スポーツリレーコラム

2016年03月23日

まるで「遊園地」のポスター 新生楽天を象徴するデザイン  

楽天の新しいポスター(共同) 野球の告知ポスターといえば、どのようなものを想像するだろうか。情熱、覚悟、勇ましさ、躍動感……。プロ、アマを問わず、そんなキーワードを具象化したものが一般的だろう。腕組みし、眼光鋭くこちらをのぞく選手たち。力感あふれるスイングを見せる打者。そんなイメージだ。野球殿堂博物館の主任学芸員で「日本野球ポスター展」を企画する関口貴広氏は、近年は各球団とも創意工夫をこらしていると前置きした上で「選手の魅力を伝えるものが普通」と言う。

 今季の開幕に向け、楽天が制作したポスターはそんな定番とひと味違う。天然芝と観覧車を備え、生まれ変わった本拠地のコボスタ宮城(観覧車は5月に完成予定)を背に梨田新監督、選手、コーチが思い思いの姿でたわむれる。芝生にだらりと寝転ぶ選手、ポップコーンを膝に乗せた選手、空を飛ぶ選手までそこにはいる。「ワクワクがとまらない!」とのキャッチコピーの通り、まるで遊園地のポスターだ。

 奇想天外。しかし、ここに「新生楽天」の全てが詰まっているように思う。球団はオフに、総工費30億円を投じて本拠地を大改修した。創設時からの悲願だった天然芝化のほか、公園や国内球場初となる観覧車を設置。「ポスターは、球団がどういうお客さんに来てもらいたいと考えているかを反映すると思う」と関口さんが言うように、これまで以上に、根っからの野球好きだけでなく子どもや女性にも魅力的な姿に変わった。

 

続きはこちら



 芹澤 渉(せりざわ・わたる)1980年生まれ。東京出身。週刊誌編集者を経て2008年に共同通信へ。プロ野球の阪神、ヤクルトを担当し、15年から楽天担当。


2013年04月24日

あの外野席で野球を見た 村上春樹氏を思いながら  

神宮球場の一塁側スタンドから見たスコアボード(左)など外野席の景観。グラウンドでは試合開始前の練習が行われている(共同) 4月18日、神宮球場の外野席で、担当するヤクルトの中日戦を見た。いつもならネット裏でスコアブックをつけているが、少し記者席を離れた。よく晴れた夜、×××を片手に、ある小説家に思いをはせながら。

 プロ野球ヤクルトといえばID野球や職人肌の選手、そして僕にとっては小説家・村上春樹氏だ。1978年4月1日。村上氏は神宮球場の外野席でヤクルトと広島の試合を観戦し、デーブ・ヒルトン内野手が放った二塁打を見て小説家を志したという。有名な逸話だ。

 「僕が『そうだ、小説を書いてみよう』と思い立ったのはその瞬間のことだ。晴れわたった空と、緑色をとり戻したばかりの新しい芝生の感触と、バットの快音をまだ覚えている」(村上春樹『走ることについて語るときに僕の語ること』)

 

続きはこちら



 芹澤 渉(せりざわ・わたる)1980年生まれ。東京出身。週刊誌編集者を経て2008年に共同通信へ。大阪支社でプロ野球、独立リーグなどを取材し、12年末に東京に転勤しヤクルト担当に。


2012年07月18日

「魔球」が投じる球界への一石 吉田えりら2人のナックルボーラーに思う  

「マウイ」のユニホームに身を包み敵地で力投する吉田えり投手(7月7日、サンラファエル、共同) 正直に書こう。5月3日、私は気乗りしない思いで兵庫県三田市の城山公園野球場にいた。当時、関西独立リーグの兵庫に所属していた吉田えり投手(20)のシーズン初先発を取材するためだ。ただし、記事にするのは「勝利投手になれば」という条件付き。男子とともにプレーする日本初の女子プロ選手として脚光を浴びた吉田もこれまで日本での勝ち星はなく、さらに「三回までをめどに投げる」との情報を試合前に耳にしては、やる気の起こるはずもなかった。

 プレーボールがかかると、私は初めて見るナックルボーラーの姿に魅せられてしまった。一回こそ制球が定まらずに1点を失ったが、その後はふわっと宙に浮き、揺れ落ちるナックルボールやカーブを武器に面白いように打者のバランスを崩す。予定を越えた5回1失点の好投で、見事に同リーグ初の女性勝利投手の勲章を手にした。155センチ、56キロの女性がプロ予備軍ともいえる男たちを手玉にとるのだから、痛快と言うほかない。

 その後もプロ野球阪神との育成試合で1回を無失点に抑えるなど、好結果を出した。6月に米国の独立リーグに復帰すると、立て続けに3勝。男性との体力差を克服するために磨き続けた「魔球」は、対戦した阪神の選手に「どっちに曲がるか分からなかった。最後まで球を見ないと捉えられない」と言わしめるまでになった。

 

続きはこちら



芹澤 渉(せりざわ・わたる)1980年生まれ。東京出身。週刊誌編集者を経て2008年に共同通信へ。大阪支社でプロ野球、独立リーグなどを取材。