47NEWS >  スポーツ >  スポーツリレーコラム >  正田 裕生

ライター名

スポーツリレーコラム

2008年10月15日

「祭りのあと」の寂寥感 敗者も勝者も、人生いろいろ  

 「祭りのあと」だ。北京五輪が終わった。日本選手の活躍や、世界新記録に沸いた。4年に1度のスポーツの祭典から約2カ月がたつ。競泳の北島康介(日本コカ・コーラ)やソフトボールの上野由岐子(ルネサス高崎)、フェンシングの太田雄貴(京都ク)ら、活躍した選手はテレビやイベントに引っ張りだこで、いまだに五輪の余韻を引きずる。彼らも五輪を目指して苦しい練習に耐えてきたのだが、取材する方も同じく、五輪のためにやってきた。スーツ姿でステージに登場するメダリストを取材しても、五輪前のような緊迫感はなく、どこか力が入らない。
%E5%8C%97%E5%B3%B62.jpg
 しかし、すべての選手にとって、本当に北京が「終わった」かというとそうではない。先日、競泳の柴田亜衣(チームアリーナ)に話を聞いた。アテネ五輪女子八百㍍自由形で金メダルを獲得したが、北京五輪では不本意な泳ぎで予選落ちだった。「北京はどうしてああいう結果になったのだろう」。遠慮がちに問い掛けると、言葉が出ない柴田は「たまらない」とばかりにマネジャーに助けを求めた。まだ話したくないのだった。4年間、大きな期待を受け、重圧を背負いながら自分の限界に挑み、臨んだ大舞台で思い描いた結果を出せなかった。北京でのレース後、珍しく人目をはばからずに泣いた。その悔しさ、ふがいなさは、とても推し量れない。北京の「答え」は容易に見いだせないのだろう。

 史上初の男子平泳ぎ2大会連続2冠を獲得した北島も、別の意味で結論は出ていない。2個目の金メダルだった二百㍍の翌日、北島が北京限りで引退すると一部で報じられた。その次の日、北島は言った。「ぼくはひと言も(引退すると)言っていない。やりたい気持ちもある。これからゆっくり考えたい」と。

 確かに、五輪シーズンの今季、北島の頭には「引退」の文字があったであろう。だが、五輪が近づくにつれて心境は微妙に変化していたはずだ。五輪では、選手としてこれ以上ない栄冠を手にした。厳しい練習に耐え、多くのことを犠牲にして一途に水泳に打ち込んだ。もう一度、4年後のロンドン五輪に向けて同じ姿勢で取り組むのは、肉体的にも精神的にも厳しい。しかし、水泳をやめた北島は、一体何をするのか。最も存在感を放つのは、プールであり五輪だ。しかも、北京では百㍍で世界新を出している。まだまだ記録は伸ばせる。能力面では限界に達していないのだ。

 

続きはこちら



正田 裕生(しょうだ・ひろき)1965年生まれ。埼玉県出身。千葉支局、水戸支局などを経て99年から運動部。水泳、五輪、国体などを担当。


2008年06月11日

LR着用を決断した松田 水着自由化の陰で葛藤     

matsuda.jpg 英国スピード社の「高速水着」レーザー・レーサー(LR)は、速い。6月6日から8日までの競泳のジャパン・オープンで、日本新記録17のうち16がLRを着た選手が出し「LR効果」を嫌というほど見せつけた。水着でタイムがこれほどまでに変わるのか、と思い知らされた。

 驚きの連続だった3日間で、LRの速さとは別に衝撃を受けた瞬間があった。初日、男子二百㍍バタフライ決勝。日本水泳連盟が水着提供契約を結ぶ国内3社のひとつ、ミズノの水泳チームに所属する松田丈志がLRを着て登場したのだ。

 松田は、ミズノ所属選手として契約上はミズノの水着でレースに出ることになっている。しかし、この種目の世界記録保持者、マイケル・フェルプス(米国)を始め、世界のトップスイマーの多くはLRを着ている。松田は世界で戦うためにLRのテスト着用を希望し、大会前に準備していた。しかし、ミズノは契約順守を求め、松田の心に大きな重しとなっていた。それだけに、こちらはスタート台でLRを着た松田を見た瞬間、「着てしまった!」と息をのんだ。レースでは、松田は背中に羽根が生えたようにぶっちぎり、自己ベストを1秒以上更新する日本新をマークした。

 

続きはこちら



正田 裕生(しょうだ・ひろき)1965年生まれ。埼玉県出身。千葉支局、水戸支局などを経て99年から運動部。水泳、五輪、国体などを担当。


2008年04月09日

北京へGO! 北島に抜群の存在感 15日から競泳日本選手権   

BS-0061__-200802231146_L.jpg 柔道の全日本選抜体重別選手権と全日本選手権、競泳の日本選手権、体操のNHK杯―。4月から5月に掛けて、北京五輪で日本選手の活躍が期待される競技の代表選考会が続く。栄光へのドラマが繰り広げられ、「オリンピックイヤーの本番突入」を感じさせる。

 15日からは、競泳の日本選手権が始まる。五輪は4年に1度の大舞台。そこに立つには国内のライバルに打ち勝たなければならないが、競泳の代表選考は厳しい。日本選手権の決勝で、日本水泳連盟が設定した派遣標準記録を突破して、2位以内に入ることが個人種目の条件だ。派遣標準記録は国際的な標準記録よりも高い。選考は、過去の実績は一切関係ない一発勝負。アテネ五輪のメダリストであれ、昨年の世界選手権の優勝者であれ、条件をクリアできなければ、五輪切符は手にできない。

 選考会は独特の緊迫感がプールを包む。笑顔、難しい顔、こわばった顔、ぎこちない笑い…。コーチや選手の表情はさまざまだ。決勝の選手招集所の張り詰めた空気。先日会った元五輪メダリストは「いよいよ選考会ですね。緊張するなあ」と、まるで自分のことのように話した。選考基準が明確なため、レースが終わった瞬間に、代表入りした選手と落選した選手が判明する。勝者と敗者が残酷なまでに明暗を分ける。

 

続きはこちら



正田 裕生(しょうだ・ひろき)1965年生まれ。埼玉県出身。千葉支局、水戸支局などを経て99年から運動部。水泳、五輪、国体などを担当。


2007年12月26日

揺らぐ方向性と将来像 国体改革論議に疑問  

BS-0100__-200709291803_M.jpeg

 ちょっと地味な話題だが、納得いかないことがある。日本体協の国体改革の論議だ。

 現在、日本体協の国体委員会は、二つのテーマを話し合っている。一つは、冬季国体の問題。スキーとスケート、アイスホッケーの3競技は施設が備わっている地域が限定され、同じ自治体が短い間隔で開催しなければならず、開催費用の負担が大きい。このため、競技団体も費用を負担する方向性などが出ている。これはよく分かる。


 疑問なのは、もう一つの2013年以降の実施競技の議論だ。毎年実施する競技と、1年おきに実施する競技(隔年競技)を設けるというのだ。事の発端は、日本体協に加盟しているのに国体で実施されていない競技があり、「これらの競技にも国体で実施する道を開こう」という意見だったという。仮定の話をすると、現在40競技が行われているが、競技数を40のままに固定し、うち3競技を隔年競技に「格下げ」すると、新たに3競技が導入されるということが想定される。

 

続きはこちら



正田 裕生(しょうだ・ひろき)1965年生まれ。埼玉県出身。千葉支局、水戸支局などを経て99年から運動部。水泳、五輪、国体などを担当。


2007年09月05日

来年の北京は“厳しい夏”に 「五輪前哨戦」に見る日本勢の不振  

BS-0183__-200709022230_M.jpeg

 「それにしても陸上はどうしてあんなにダメなの?」。

 スポーツ団体役員や事務局員から、こんな質問をよく受ける。もちろん、9月2日に終わった大阪での世界陸上選手権のこと。日本勢は目を覆いたくなるような惨敗だった。女子マラソンの土佐礼子が最終日に銅メダルを獲得したのが、唯一のメダルで唯一の救いだった。

 

続きはこちら



正田 裕生(しょうだ・ひろき)1965年生まれ。埼玉県出身。千葉支局、水戸支局などを経て99年から運動部。水泳、五輪、国体などを担当。


2007年05月30日

東京五輪、とにかく開催を! 機運の盛り上げ焦らずに  

 by 正田 裕生

 「ところで、オリンピックは日本に本当に来るのかねえ。どうせ無理じゃないの?」―。スポーツ団体の事務局で、こんな問い掛けがよくある。2016年の夏季五輪開催地に東京都が名乗りを上げたが、スポーツ界が一体となって五輪招致を実現しようという熱気は感じられない。世論の盛り上がりにも欠け、招致活動は漠然とした空気に包まれている。

 ▽胸に響かない言葉

 

続きはこちら



正田 裕生(しょうだ・ひろき)1965年生まれ。埼玉県出身。千葉支局、水戸支局などを経て99年から運動部。水泳、五輪、国体などを担当。


2007年02月14日

日本指導者の評価高めたい 中国行き決めた井村雅代さん  

 「え! まさか…」。わが耳を疑った。昨年12月、ドーハ・アジア大会のハマド水泳センターでのことだった。シンクロナイズドスイミングで長く日本を引っ張ってきたカリスマ指導者、井村雅代さんが、なんと中国代表のヘッドコーチに就任するというのだ。

 おりしも、アジア大会では日本はデュエット、チームともに中国に初めて敗れ、銀メダルに終わった。“歴史的敗北”を喫した選手たちは衝撃を受けていたが、コーチだった井村さんの「中国行き」はそれ以上のショックだったに違いない。

 後日、井村さんに尋ねてみた。すると、こう言った。「正田さんだって言ってたやないか。『次は中国を教えるしかないですね』って」。

 

続きはこちら



正田 裕生(しょうだ・ひろき)1965年生まれ。埼玉県出身。千葉支局、水戸支局などを経て99年から運動部。水泳、五輪、国体などを担当。