47NEWS >  スポーツ >  スポーツリレーコラム >  小林 陽彦 > 「リレーコラム」営業の後押しでファンを味方に 低迷するヤクルトが歴史に残る逆転劇

ライター名

スポーツリレーコラム

2017年08月02日

「リレーコラム」営業の後押しでファンを味方に 低迷するヤクルトが歴史に残る逆転劇  

10回、代打でサヨナラ本塁打を放ち、ナインに迎えられるヤクルト・大松(中央)=神宮 この歓声は2015年の日本シリーズ以来だ。波打つように共鳴して響き渡るスタンドの声を聞いてふと思った。
 7月26日。ヤクルトがセ・リーグ史上初となる0―10からの大逆転劇を演じた夜、神宮球場の雰囲気は明らかにいつもと違っていた。

 客席に火が付いたのは七回。この日先発を外れていた中村悠平捕手が代打で登場、2ランを放った。とはいえ残り2イニングで8点のビハインドは焼け石に水。真中満監督でさえ「あの一本でここまで沸くか」と驚いたほどである。
 この異様な盛り上がりに中日ナインは気圧されたようにも映った。内野手の一歩目が鈍る間に、打球は大きくイレギュラーバウンドして内野安打。準備不足の目立ったリリーフ陣の球は吸い寄せられるようにホームベースの真ん中付近へ集まっていった。
 この回8安打、打者14人の猛攻で一挙同点。最後は延長十回、大松尚逸内野手の代打サヨナラ本塁打で派手に締めた。

 実はこの試合で球団初の試みがなされていた。通常ビジターファンが陣取る左翼席の半分近くをホームチーム席に割り当てたのだ。さらに18ある球場入り口のうち16ゲートでイベントユニホームを無料配布。結果的に球場の8割以上をヤクルトファンが占めた。
 東京ドームや甲子園では日常的な光景だが、神宮では異例だ。例年観客動員が伸びにくいヤクルト―中日のカードで2万8654人を集めた。客席のほとんどが黄緑色のユニホームで埋め尽くされていた。

 中村は「球場全体が(黄)緑色のユニホームで埋まっていて、特にピンチになった時など心強かった。極端に言えば、相手を飲み込むようだった」とプレーへの影響を語れば、真中監督は「スタンドの声援をいつも以上に感じて、選手も恥ずかしいプレーはできないという思いになっただろう」と球場の空気が反撃の後押しになったとみる。
 「阪神や広島はいつもこんな空気の中で戦っているのかなと感じた」との言葉は、今季ビジターゲームだけで30近くの借金をつくっているヤクルトだけに妙に納得してしまう。
 セ・リーグが発表した資料によれば、前半戦のヤクルトの1試合平均観客数は2万5559人で、前年比8・7%増とリーグトップの伸び率を記録している。
 2万8000人を目安に、関係者に配られる100円玉入りの「大入り袋」は7月までで26回。昨季終了時の23回を早くも上回る。チケット完売20試合も、昨季の15を既に超えている。

 今季は女性限定ユニホームを配布する「レディースDAY」や全国の有名店とコラボした「神宮からあげ祭り」など新規企画をシーズン前半に集中させた。
 「サラリーマンの方が多い土地柄だけに、帰り道に居酒屋に寄るような感覚で野球観戦に来てもらう」(球団担当者)といった狙いが的中。もともとビジターファンの集まりやすい広島や阪神の好調も手伝い、こうした取り組みが一気に軌道に乗ったわけだ。

 その5日前までは球団史上47年ぶりの14連敗を喫していた。クライマックスシリーズ進出圏からも遠く離され「モチベーションを保つことが難しい状況」と漏らす選手がいても仕方がないように思う。
 そんな絶望的な状況から反発力を生み出せたのは、球団営業サイドの奮闘もあったといえるだろう。球史に残る逆転ドラマだった。


【写真】10回、代打でサヨナラ本塁打を放ち、ナインに迎えられるヤクルト・大松(中央)=神宮


 小林陽彦(こばやし・はるひこ)1987年神奈川県出身。2009年に共同通信入社。大阪運動部でプロ野球オリックス、阪神、サッカーG大阪などを担当し、14年12月から本社運動部でヤクルトを担当。


固定リンク

http://www.47news.jp/topics/sportscolumn/2017/08/post_508.php