47NEWS >  スポーツ >  スポーツリレーコラム >  吉谷 剛 > 「リレーコラム」個性派がそろうゴルフの「2017年組」 畑岡奈紗がデビューする米女子ツアー

ライター名

スポーツリレーコラム

2016年12月21日

「リレーコラム」個性派がそろうゴルフの「2017年組」 畑岡奈紗がデビューする米女子ツアー  

米女子ゴルフツアー出場権を獲得し、母親の博美さん(右)と喜ぶ畑岡奈紗=デイトナビーチ(共同) 日本女子ゴルフ界の注目の若手、17歳の畑岡奈紗が来季の米女子ツアー(LPGA)参戦の資格をつかみ取った。12月上旬、冬のフロリダ州デイトナビーチで行われた来季出場権を懸けた最終予選会を通過したのは合計で20人。選手の出身地は米国以外にもアジアや欧州など13の国・地域にわたり、17歳の畑岡以外にも個性派がそろった。

 史上最年少で日本女子オープン選手権を制してプロに転向したばかりの畑岡。ギャラリーもまばらな予選会という舞台で、日本のテレビクルーや記者が早朝の練習場から追いかけた。無名の選手が集う会場で、その様子は不思議な光景に映ったようで、大会運営を支える地元ボランティアの女性は「彼女は有名なの」と筆者に話しかけてきたほどだった。「17歳の高校生で、この秋に日本のビッグトーナメントで優勝したんですよ。名前はNASA(ナサ)。スペースシャトルのNASAだから覚えやすいですよね」と教えると、その彼女は「覚えておくわ」とほほ笑んだ。

 畑岡は3日目まで首位に立ち、ショットの完成度の高さを見せつけたが、残り2日間で大きくスコアを落とした。特に最終日は14番まで4ボギー、1ダブルボギーの大崩れ。15番以降の4ホールはパーをセーブし、なんとか踏みとどまった。その重圧は相当なもので、ラウンド後の畑岡からは「寿命が10年縮まりました。もうしばらくゴルフはしたくないです」と本音が漏れた。目に涙を浮かべた母親の博美さんは「私は20年縮まった」と言い、優しいまなざしで娘を見つめる姿が印象的だった。

 この予選会を通過した20人の出身地は米国、アイスランド、韓国、台湾、デンマーク、カナダ、英国、スペイン、イスラエル、スウェーデン、フィリピン、タイ、日本。来季からLPGAツアーやその下部ツアーに出場予定の「新人プロ」は畑岡を筆頭に31人いるという。この新人たちが、畑岡のLPGAでの同期生となる。

 来年デビューする「2017年組」には畑岡と同じ10代の選手もいる。最終日で同組だった中国系米国人の18歳、エンジェル・インは通算11アンダーの3位で予選会を突破。ドライバーの飛距離は270ヤードを超え、第1打で畑岡を20ヤード以上引き離した。パー5では悠々とバーディーを奪うスケールの大きいゴルフが持ち味だ。

 異色派としては、インド出身選手として初の予選突破に惜しくも2打届かなかったアディチ・アショクも紹介したい。18歳は「5日間で2アンダーは悪くはなかったが、もっといいプレーができた」と残念がった。リオデジャネイロ五輪を経験し、欧州ツアーで優勝経験もある彼女は来季から米国に拠点を移し、下部ツアーに参戦する意向だ。その活躍次第では、シーズン途中から畑岡と同じ舞台で戦う姿も見られるだろう。

 LPGAツアーは北米だけでなくアジアやオセアニアをまたにかけての開催で、移動の過酷さに負けないタフさも求められる。畑岡が米国に「NASA」の名前をとどろかせるのか、引き続き注目していきたい。

 ★★★本稿は2週休載。1月11日付から再開します★★★


【写真】米女子ゴルフツアー出場権を獲得し、母親の博美さん(右)と喜ぶ畑岡奈紗=デイトナビーチ(共同)


 吉谷 剛(よしたに・つよし)1975年、北海道出身。放送局勤務を経て2002年に共同通信へ。03年12月から07年まで大阪で阪神などを担当。その後、東京で野球の横浜や大リーグ、卓球やテニスなどスポーツ全般を広く取材。冬季五輪・パラリンピック取材ではソチ支局長を務めた。15年1月からニューヨーク支局勤務。


固定リンク

http://www.47news.jp/topics/sportscolumn/2016/12/post_478.php