47NEWS >  共同通信PRワイヤー >  シニア向けパソコン教室チェーン本部が高齢者向けに特化したペットシッターサービスを開始


共同通信PRワイヤー
株式会社日本アイティ技能普及協会 10/31 08:30

シニア向けパソコン教室チェーン本部が高齢者向けに特化したペットシッターサービスを開始

2017年10月30日

株式会社日本アイティ技能普及協会

シッターには認知症予防アドバイザー検定を無料で提供し認定取得者のみがシッターとして派遣

日本アイティ技能普及協会は、中高齢層向けパソコン教室「パソコン市民IT講座」を全国で135教室展開しています。2015年には大脳生理学の権威である久保田競京大名誉教授の監修のもと、「認知症予防アドバイザー検定」を始め、認知症予防にも力を注いできました。単身高齢者が孤独を癒すためにペットを飼うことが多くなる一方で、ペットの成長や飼い主の体の不自由から満足に世話ができなくなるケースも増えており、飼い主と一緒に散歩に行くなど、飼い主に寄り添ったペットシッターサービス「うちの子サポート」をスタートする事にしました。認知症予防アドバイザーの認定を取得したシッターが訪問するので、ペットのケアはもちろん、ご家族の方の認知症予防に関するアドバイスが可能となります。

ペットシッター資格保有者に「認知症予防アドバイザー検定」を無料で提供し、認知症予防アドバイザーがペットと触れ合いながらできる認知症予防や、日常生活における認知症予防をアドバイスします。日本アイティ技能普及協会は、このペットシッターと業務委託契約を結びます。高齢者向けペットシッターサービスを利用するには、まず日本アイティ技能普及協会に電話してもらい、近隣のペットシッターと面接します。双方が合意すれば、お世話の内容確認と利用予約をしてもらい、約束の日時にペットシッターが訪問しお世話します。ペットシッターサービスは、高齢者の見守りサービスにもなり、緊急時にはあらかじめ聞いていた先に連絡します。また、ペットを飼い続けることが困難になった場合は、予め決めた引き取り先に引き取ってもらうようにします。

「パソコン市民IT講座」は中高齢者の受講が多いことから、自宅から近い住宅地に多く開設しています。住宅地の郵便局、本屋、美容室などの空きスペースに併設するケースも増え、地域の活性化とコミュニティー拡大に貢献しています。高齢者向けペットシッターサービスは、認知症予防アドバイザーになってもらえるペットシッターの確保と、サービス利用者の拡大の両面が欠かせないことから、全国に135ある教室を活用して呼びかけに努めてまいります。「認知症予防アドバイザー検定」受講者はこれまでに約300人おり、既受講者にも協力を呼びかける方針です。

「ペットシッターうちの子サポート」オフィシャルホームページ
URL https://uchinoko01.wixsite.com/uchinoko-support