47NEWS >  共同通信PRワイヤー >  大鵬薬品 ジャパン・ヘルスケアベンチャー・サミット2017  出展のご案内


共同通信PRワイヤー
大鵬薬品工業株式会社 10/04 10:00

大鵬薬品 ジャパン・ヘルスケアベンチャー・サミット2017  出展のご案内

2017年10月4日

大鵬薬品工業株式会社

大鵬薬品 ジャパン・ヘルスケアベンチャー・サミット2017  出展のご案内

大鵬薬品工業株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小林将之、以下「大鵬薬品」)は、2017年10月11日(水)から13日(金)の3日間、パシフィコ横浜にて開催されるジャパン・ヘルスケアベンチャー・サミット2017へ出展いたします。

ジャパン・ヘルスケアベンチャー・サミットは、医薬品などの研究開発を行うベンチャー振興を目的とした厚生労働省主催のイベントで、ブースの出展やプレゼンテーション、商談会などが予定されています。大鵬薬品は、展示ブースで新たなベンチャー向け支援プログラムを紹介するとともに、商談会(マッチングイベント)にも参加いたします。

大鵬薬品は、2014年6月に、創薬に特化した投資を行うオープンイノベーションファンドであるRemiges BioPharma Fund, LP (以下「Remiges Fund」)に最大累計で3,000万米ドルの出資を決定し、同ファンドと連携し、欧米の創薬系ベンチャーコミュニティーとのネットワークの構築、目利き力のある人材の育成に取り組んでいます。2016年4月には、日米欧のバイオベンチャーへの出資を行うコーポレート・ベンチャーキャピタルであるTaiho Ventures, LLCを設立し、有望ベンチャー企業との協業を加速してまいりました。

大鵬薬品は、Remiges FundやTaiho Ventures, LLCを通じて、革新的な新薬をお届けできるよう今後も努めてまいります。

ジャパン・ヘルスケアベンチャー・サミット2017の公式サイト
http://www.jhvs.jp/index.html

【大鵬薬品について】   
大鵬薬品は、大塚ホールディングス株式会社の事業会社で「私たちは人びとの健康を高め 満ち足りた笑顔あふれる 社会づくりに貢献します。」を企業理念とし、「がん」、「免疫・アレルギー」、「泌尿器」の3領域に特化した研究開発型スペシャリティファーマです。特にがん領域においては、国内におけるリーディングカンパニーの一つとして知られており、グローバル化も積極的に推進しています。がん領域以外におきましても生活の質の向上に貢献できる製品を販売しています。また、コンシューマーヘルスケア事業でもお客さま志向を第一に愛情豊かな暮らしを支える製品作りに注力しています。

【Taiho Ventures, LLCについて】  http://taihoventures.com/
Taiho Ventures ,LLC.は大鵬薬品が2016年4月に設立した投資会社(コーポレート・ベンチャーキャピタル)です。米カリフォルニア州を拠点に、主にがん領域における画期的新薬の研究開発や創薬基盤技術の開発を行っているバイオベンチャー企業を対象として積極的な投資活動を実施しています。投資収益よりも大鵬薬品に戦略的成果をもたらすことを目的としており、投資先だけではなく投資活動中に入手した有望な提携機会を提供することで、大鵬薬品の開発パイプライン拡充や革新的な創薬基盤技術取得に貢献することに注力しています。