47NEWS >  共同通信PRワイヤー >  新たな介護関連サービス 朝日生命「介護あんしんサポート」の開始について


共同通信PRワイヤー
朝日生命保険相互会社 10/15 16:29

新たな介護関連サービス 朝日生命「介護あんしんサポート」の開始について

2012年10月15日

朝日生命保険相互会社

新たな介護関連サービス
朝日生命「介護あんしんサポート」の開始について

朝日生命保険相互会社(社長:佐藤美樹、以下「朝日生命」)は、経営ビジョン「お客様一人ひとりの『生きる』を支える」を実現するために、介護を応援する取組みを各種行っております。
第1弾としては、平成24年4月に介護保険商品「あんしん介護」を発売いたしました。お陰さまで、多くのお客様からご好評いただき、発売以降約4万件のご加入をいただいております。
http://www.asahi-life.co.jp/products/hokenou/plan/anshin.html


【当社介護保険商品「あんしん介護」の特長】

●公的介護保険制度の要介護認定に完全連動したシンプルな商品です!
●年金と一時金で一生涯の介護保障を準備いただけます!
●公的介護保険制度の要介護1以上に認定されると、以後の保険料はいただきません!


このたび、第2弾として、10月(※1)より介護関連サービス・取組み「朝日生命介護あんしんサポート」(※2)の展開を開始いたします。
超高齢社会である我が国では、シニア・高齢者の9割以上の方が介護に対する不安を抱えて暮らしています(※3)。
「朝日生命介護あんしんサポート」は、これらの不安を少しでも軽減し、高齢者がより安心して生活していけるよう、各種企業・団体と連携し、介護予防期・介護認定時・要介護期という介護に関する各時期に応じた適切なサービス・取組みを総合的に提供するというものです。

Ⅰ.「介護予防期」(※4)  介護予防や介護不安に応えるサービスの提供
 ◆「健康づくりセミナー」の開催(平成24年4月より実施)
 ◆「後見人候補者紹介サービス」の実施 (NEW!)

Ⅱ.「介護認定時」  適切な介護サービス受給に資する情報の提供
 ◆「介護情報サイト」の開設(平成24年4月より実施)

Ⅲ.「要介護期」  要介護者のQOL(※5)の向上に資する取組みの実施
 ◆「認知症サポーター」の養成 (NEW!)
 ◆介護施設での資生堂「お化粧教室」の開催 (NEW!)

朝日生命では、「朝日生命介護あんしんサポート」のメニューを順次拡大し、「高齢者が安心して暮らせる社会づくりへの貢献」に尽力してまいりたいと考えております。
 (※1):一部サービスについては、既に実施済みの内容もあります。
 (※2):介護にまつわるあらゆる不安をサポートしたい。そんな想いが皆さまに伝わるように命名いたしました。
 (※3):出典:平成22年度生活保障に関する調査「自分の介護に対する不安の有無(50・60代)」(生命保険文化センター)
 (※4):要介護認定以前をさし、この時期には介護予防を心がけていただきたいとの願いを込めて当社で命名いたしました。
 (※5):quality of life (生活の質)の略。


1.「朝日生命介護あんしんサポート」提供のイメージ

「朝日生命介護あんしんサポート」
 Ⅰ.介護予防期
 介護予防や介護不安に応えるサービスの提供
  ・「介護予防啓発セミナー」の開催
  ・「後見人候補者紹介サービス」の実施

 Ⅱ.介護認定時
 適切な介護サービス需給に資する状況の提供
  ・介護施設の紹介等が可能な「介護情報サイト」の開設

 Ⅲ.要介護期
 要介護者のQOLの向上に資する取り組みの実勢
  ・「認知症サポーター」の養成
  ・介護施設での資生堂「お化粧教室」の開催

⇒高齢者が安心して暮らせる社会づくりへの貢献


2.介護に関する各時期のサポートの内容

―「介護予防期」におけるサポート―

介護予防期に対して、要介護原因の第一位である「脳血管疾患」をはじめとする「生活習慣病」の予防を通じた介護予防手段の提供や、増加する単身者のご自身の将来の介護不安(どう手続きしたらよいのだろうか)に対するソリューションを提供します。

◆「健康づくりセミナー」の開催(リリース済)
「株式会社タニタ」(社長  谷田千里)との連携により、全国で株式会社タニタの管理栄養士による「健康づくりセミナー」を開催し、生活習慣の改善を通じて介護予防をサポートします。

◆「後見人候補者紹介サービス」の実施
「公益社団法人成年後見センター・リーガルサポート」(理事長  松井秀樹)との協定により「後見人候補者」のご紹介を行います。


―「介護認定時」におけるサポート―
介護に関する様々な情報が必要となる介護認定時に対し、要介護者に適切な介護サービスの受給をして頂くための情報提供サービスを実施します。

◆「介護情報サイト」の開設(リリース済)
当社ホームページ「介護情報サイト」にて公的介護保険の申請方法から介護施設の紹介サービスまで株式会社ベネフィット・ワン(社長  白石徳生)・株式会社インターネットインフィニティー(社長 別宮圭一)が運営するコンテンツにより情報提供いたします。
http://anshinkaigo.jp/

ポイント
 ①公的介護保険制度(介護認定申請フロー等)に関する情報を提供
 ②全国5万人のケアマネージャー等の専門家への無料相談が可能 
 ③全国60万以上の介護事業所や介護施設の検索機能あり
 ④介護に関する各種割引サービスを提供
 ※一部会員限定サービスあり

―「要介護期」におけるサポート―
要介護期に対しては、要介護にある方々のQOLを向上させるための取組みを推進します。

◆「認知症サポーター」の養成
厚生労働省が推進する「認知症サポーター」養成に全社的に取組み、認知症の方やそのご家族を応援します。(平成24年9月末現在で2,332人を養成。)
認知症サポーターは目印としてオレンジリングやバッジを身につけております。

◆資生堂「お化粧教室」の開催
株式会社資生堂(社長 末川久幸)と提携して、介護施設にて資生堂「お化粧教室」を開催し、入居者の方のADL(※6)の向上を図ります。
 (※6):日常生活動作