47NEWS >  共同通信PRワイヤー >  音速を超える!?「チョロQハイブリッド!マッハギア ループサーキットセット」7月30日(土)新発売!


共同通信PRワイヤー
株式会社タカラトミー 07/29 15:45

音速を超える!?「チョロQハイブリッド!マッハギア ループサーキットセット」7月30日(土)新発売!


2011年7月29日(金)

株式会社タカラトミー

音速を超えるスピード!?ジェットコースターのような360度の回転コースをクリアせよ!

「チョロQハイブリッド! マッハギア ループサーキットセット」
           7月30日(土) 新発売!

スケールスピード1,260km/h!レールをつなげて難易度の高いアクションにチャレンジ!

 株式会社タカラトミー(代表取締役社長:富山幹太郎/東京都葛飾区)は、ボディを交換して「ゼンマイ走行」と「リモコン操作」を楽しむことができるディフォルメミニカー「チョロQハイブリッド!」の新シリーズとして、「チョロQハイブリッド! マッハギア ループサーキットセット」(希望小売価格:4,725円/税込)を、2011年7月30日(土)より、全国有名百貨店・量販店玩具売場、玩具専門店にて発売いたします。

 自動車のサイズに置き換えると、音速を超えるほどの勢いで走る 「チョロQハイブリッド! マッハギア」 シリーズ は、赤外線コントローラーで緩急を操作しながら、ジェットコースターのように360度の連続縦回転・急カーブするレーシングコースをクリアしていくという、新しいチョロQの遊び方を提案する商品です。スピードに特化するために、「軽量」・「安定」かつ「パワフルな走行力」にこだわって新たに車体を開発しました。従来の「チョロQハイブリッド! リモコンタイプ」が、ダッシュ時のスピード=約5.5km/hだったのに対して、今回はダッシュ時に約9.5km/hのスピードが出せるようになり、重力の制約を破るような360度の天地逆転回転コースを走破することが可能になりました。これは、チョロQを自動車サイズに置き換えたときには、スケールスピード約1,260km/hで走行している計算になり、音速よりも早い「マッハ」スピードで走っていることになります。(※実際の自動車(平均寸法)のホイールベースから算出)

 コースはレールを組み、自由に構成することができます。第一弾では「ループサーキットセット」の他に「ベーシックマッハサーキット」(1,260円/税込) が発売となり、今後、よりアトラクション性の高い「マッハジャンプ」(8月発売予定/1,260円) や「マッハバンク」(9月発売予定/1,575円) などを発売いたします。さらに、「タイムアタックゲート」(9月発売予定/1,050円) を使用すると、制限時間が来た時点でゲートが閉じるため、臨場感が増し、遊びを盛り上げます。より難易度の高いコースへ挑戦したり、制限時間内に周回できる数を競ったり、と手に汗を握るアクション性の高いサーキット遊びを楽しむことができます。また、車体はシャープで速そう・強そうな「近未来のクルマ」をイメージしたオリジナルデザインで、ボディバランス・重量によって走りの特性が異なります。これらは、タイヤやバンパーなどを戦略的にカスタムすることで、より速くより安定した走行を目指すことができます。

 「チョロQハイブリッド! マッハギア」は、男の子が憧れる“カッコよさ”を改めて追求し、小学生男児が好きな「スピード」と「カスタム」遊びに競争の要素を加え、「ベイブレード」「ビーダマン」と並ぶタカラトミーの男児向け“ガンガンホビー”として、店頭でイベント等を共同展開してまいります。また、「チョロQ」で昔遊んだお父さん世代も少年に戻り、親子で一緒に楽しむことが出来る商品として提案してまいります。


  ~ 商品概要 ~

■商品名   : チョロQハイブリッド!マッハギア ループサーキットセット
■発売日   : 2011年7月30日
■価格    : 4,725円 (税込)
■商品内容  : マシン(オメガストーム クリアブルーver.)、コントローラー、
  バンパーパーツ1個、ストレートレール6本、ストレートレール(小)1本、
  ループレール4本、ループベース1個、ループジョイント4個、ジョイントレール2本、
  カーブレール(大)ガードタイプ2本、カーブレール(大)ガード2本、
■対象年齢  : 6歳以上
■商品サイズ : 車体   (W)35 ×(H)28 ×(D)50 mm
         サーキット(W)750 ×(H)280 ×(D)350 mm 
■商品重量  : 16.5g(マシン本体)
■バッテリー : 単4アルカリ乾電池4本
■取り扱い場所: 全国の玩具専門店、大手百貨店・量販店等の玩具売場
■販売目標  : 年内10万個  (車体含む商品)
■ホームページ: http://www.takaratomy.co.jp/products/choroq/(動画視聴可能)

★「チョロQハイブリッド!マッハギア ループサーキットセット」マシン&レール

★「QM-01 スターター Ωストーム(オメガストーム)」


★「QM-01 スターター 覇翔(カイザーアックス)」

(※参考資料)

■チョロQについて

~ 「チョロQ」とは ~

1979年、「チョロチョロ走るキュートなクルマ」をコンセプトに、ディフォルメボディに強力なプルバックゼンマイを搭載した手のひらサイズのミニカーとして「チョロQ」は誕生いたしました。発売直後から小学生の間で大ブームとなり、子どもから大人まで愛されるロングセラーとなりました。現在は、自動車メーカーやバス会社をはじめとした企業や地域、自治体とのコラボレーションによるオリジナルデザインの『特注チョロQ』『ご当地チョロQ』 が登場し、玩具のフィールドにとどまらず、広く展開しております。


~ 「チョロQハイブリッド!」の誕生 ~

2009年10月、車体に互換性があり、従来の「プルバックゼンマイ走行」が可能な「ゼンマイシャーシ(プルバックゼンマイ駆動シャーシ)」と、前進後進・左右旋回の赤外線コントロール走行が可能な「リモコンシャーシ(モーター駆動シャーシ)」を、乗せ変えて遊ぶことができる、進化型チョロQとして「チョロQハイブリッド!」が誕生しました。ウィリーやクイックターンなど、様々なアクションを楽しむことができ、また専用のアクションパーツを装着することで超高速スピン、片輪走行、横転スピンからの起き上がりなど、アクロバティックなアクションも楽しめます。発売以来、約30万個を出荷しており、小学生男児を中心に30~40代の方からも支持をされ、親子一緒に遊んでいただいています。