新潟沖地震特集

新潟県中越沖地震ドキュメント



  【16日】(共同通信)


 10時13分ごろ 新潟、長野県で震度6強の地震発生。
         東京電力柏崎刈羽原発の4基が緊急停止し、
         上越、東北、長野の各新幹線が運転見合わせ。
         新潟県内で約3万5千戸が停電

 10・15 政府が官邸対策室を設置

 10・29 安倍晋三首相が長崎市での参院選遊説を1分半余りで切り上げ、その後帰京

 10・30ごろ 柏崎刈羽原発3号機の外にある変圧器で火災

 10・31―32 東北、長野新幹線が運転再開

 10・40 消防庁が仙台市などに順次、緊急消防援助隊の出動要請

 11・00ごろ 新潟県柏崎市が、各地でガス管が破裂したため市街地周辺のガス供給を停止。
         その後、柏崎市と刈羽村の全域で停止。水道は柏崎市全域で供給ストップ

 11・30 警察庁が富山県警などに広域緊急援助隊の派遣指示

 11・44(日本時間) 中国・新華社が地震発生の至急報

 11・55 塩崎恭久官房長官が緊急の記者会見

 12・00ごろ 気象庁が会見で「最大で震度6弱の余震の恐れ」と発表

 12・10ごろ 柏崎刈羽原発の変圧器の火災鎮火

 13・19 溝手顕正防災担当相ら政府調査団、陸上自衛隊ヘリで現地へ

 14・00 新潟、長野両県で5万戸以上が断水

 14・20 新潟県の約100カ所に避難所

 14・50 気象庁が「平成19年新潟県中越沖地震」と命名

 15・00すぎ 安倍首相が現地に向け、ヘリで官邸を出発

 15・37ごろ 新潟県中越で震度6弱の地震

 17・15 新潟県警の発表で、死者計5人に

 17・35ごろ 安倍首相が柏崎市役所に到着

 19・00 共同通信の集計で負傷者730人以上。
      消防庁の集計で、住宅被害は全壊306棟など計512棟

 19・00すぎ 刈羽郡総合病院によると、新たに男性の死亡を確認。死者は6人に

 19・22 安倍首相が溝手防災担当相らと陸自ヘリで柏崎市を出発

 20・15 消防庁の集計で、住宅被害は全壊305棟など計514棟

 20・30ごろ 刈羽郡総合病院によると、新たに男性の死亡確認。死者は7人目

 20・40 安倍首相らが官邸に到着

 20・30 共同通信の集計で負傷者830人以上。うち入院は少なくとも90人
 21・31 上越新幹線が運転を再開し、最初の列車が新潟駅を出発
 22・00 東電が柏崎刈羽原発で放射性物質を含む水漏れがあったと発表
 23・00 新潟、長野両県の住宅損壊662棟に。負傷者は880人超




  新潟中越沖地震フォトニュース


  新潟県中越沖地震-防災情報リンク



  • 47新潟県中越沖地震特集トップへ
  • 2007年07月16日 【共同通信】