47NEWS >  新商品・新技術 >  丸みのある体温計で特許出願 山形大工学部の中山さん
新商品・新技術
  •  新技術詳細

  • 丸みのある体温計で特許出願 山形大工学部の中山さん

     山形大は8日、工学部2年の中山良太さん(21)が考案した「脇体温計」が学生対象の2016年度パテントコンテスト(文部科学省、特許庁など主催)で特許出願支援対象に選ばれたと発表した。球体が脇にフィットし、表面のどの部分でも測れるアイデアが高い評価を得た。  ピンポン球程度の大きさで表面はシリコンなど弾力性のある素材を想定。内部は熱伝導性のある物質、温度センサー、マイクロコンピューターの3層構造とした。耳の不自由な人も分かるように振動で計測完了を知らせる仕組みにし、スマートフォンで体温を確認でき・・・  [記事全文]
    2017/11/08 23:38   【山形新聞】  

    ロード中 関連記事を取得中...