47NEWS >  新商品・新技術 >  くじゅう連山の水使用 八鹿酒造が清酒の新商品
新商品・新技術
  •  九州・沖縄詳細

  • くじゅう連山の水使用 八鹿酒造が清酒の新商品

     八鹿酒造(九重町、麻生益直社長)は14日、清酒の新商品「おんせん県おおいた おけちゃん吟醸」(300ミリリットル、14度)を発表した。15日から販売を始めた。  地下280メートルからくみ上げたくじゅう連山の水を使用し、すっきりした飲み口が特長。  おんせん県おおいたのロゴに使われている「おけちゃん」をボトルにデザイン。アルミ缶を採用し、重さはガラス瓶の11分の1。おちょこ付き。  同社の麻生益寛経営企画部長は「県内の人だけでなく、観光に訪れた人にも土産などで買ってもらい、大分を知ってほしい」・・・  [記事全文]
    2017/09/16 08:53   【大分合同新聞】  

    ロード中 関連記事を取得中...