47NEWS >  新商品・新技術 >  新しい別府土産開発 油八珈琲煎餅
新商品・新技術
  •  九州・沖縄詳細

  • 新しい別府土産開発 油八珈琲煎餅

     泉都のPR活動に取り組む別府温泉宣伝協会と、コーヒー関連商品を手掛ける三洋産業(別府市)は、別府観光の父・油屋熊八にちなんだ菓子「油八(あぶはち)珈琲煎餅(コーヒーせんべい)」を開発した。新しい別府土産としてアピールし、売り上げはまちづくりに生かす。16日に発売する。  コーヒーを前面に出したのは、熊八が1911(明治44)年に開業した亀の井旅館で、当時は珍しい西洋料理とともにコーヒーを提供していたことに由来する。小判形の煎餅には細かい粒に加工したコーヒー豆を練り込んでおり、豊かな風味が広がる・・・  [記事全文]
    2017/08/10 09:36   【大分合同新聞】  

    ロード中 関連記事を取得中...