47NEWS >  新商品・新技術 >  平山絵画が縁 かんきつケーキ
新商品・新技術
  •  新商品詳細

  • 平山絵画が縁 かんきつケーキ

     尾道市瀬戸田町の平山郁夫美術館は、リーガロイヤルホテル広島(広島市中区)と協力し、同町周辺で取れるかんきつを使った2種類のケーキを作った。館内の喫茶店「オアシス」で味わえる。  レモン果汁入りのクリームを米粉のスポンジで包んだ「瀬戸田レモンのロールケーキ」は、ほのかな酸味が特徴。「瀬戸田みかんとチョコレートのムース」は、風味が異なるミカンとチョコレートのクリームが口の中で溶け合う。  同ホテルが平山郁夫さんのびょうぶ絵「光耀厳島(こうよういつくしま)」を所蔵している縁で昨年、同美術館が開発を依・・・  [記事全文]
    2017/04/14 14:05   【中国新聞】  

    ロード中 関連記事を取得中...