47NEWS >  新商品・新技術 >  世界市場見据え日本酒の新商品開発 鶴岡のWAKAZE、CFで資金調達
新商品・新技術
  •  新商品詳細

  • 世界市場見据え日本酒の新商品開発 鶴岡のWAKAZE、CFで資金調達

     日本酒を世界の酒に―。鶴岡市のベンチャー企業「WAKAZE(ワカゼ)」は、世界市場を見据えた日本酒の新商品開発を進めている。洋食に合う味わいと香りを引き出すため、地元酒蔵の協力を得て樽(たる)熟成させるのが特徴だ。インターネットで不特定多数の人から資金を得る「クラウドファンディング(CF)」を活用し、首都圏の若者を中心に高い支持を集めている。  同社は今年1月に設立。稲川琢磨さん(28)が自己資金に加え、複数の企業経営者らの協力を得て起業した。和歌山県出身の稲川さんは慶応大理工学研究科修士課・・・  [記事全文]
    2016/11/26 21:52   【山形新聞】  

    ロード中 関連記事を取得中...