47NEWS >  新商品・新技術 >  庄内産ベニズワイガニの缶詰完成 海づくり大会関連行事で販売開始
新商品・新技術
  •  新商品詳細

  • 庄内産ベニズワイガニの缶詰完成 海づくり大会関連行事で販売開始

     県内唯一のカニ籠漁船「協和丸」(111トン)が漁獲したベニズワイガニを使った缶詰「山形県庄内浜フレッシュ紅ずわいがに」が完成し、船の運営会社「協和丸」の長谷川清雄社長(65)と、パッケージデザインを担当した加茂水産高3年藤原萌楓(もえか)さん(18)が30日、県庁を訪れ、商品を吉村美栄子知事に披露した。  県水産振興課によると、本県のベニズワイガニのカニ籠漁は2隻分の割り当てがあり、採算面などで現在は鶴岡市加茂港の協和丸が操業するのみとなっている。沖合約30キロの水深800メートルほどの飛島・・・  [記事全文]
    2016/08/30 21:34   【山形新聞】  

    ロード中 関連記事を取得中...