47NEWS >  新商品・新技術 >  町産「金時イモ」ジェラート開発 「へぐりっこ」 - 200食を限定販売
新商品・新技術
  •  近畿詳細

  • 町産「金時イモ」ジェラート開発 「へぐりっこ」 - 200食を限定販売

     近畿大学農学部(奈良市)と食品製造会社「テンダーボックス」(平群町)、同町は、町内で栽培した金時イモを使ったジェラート「へぐりっこ」を共同で開発した。数量限定で、同町菊美台1丁目のイタリアンレストラン「mamma」などで販売している。  同大独自の資格制度「アグリビジネスマイスター」を受講する3年生28人が中心となって商品化。同町の遊休農地を活用して金時イモを栽培し、ジェラートにするためのペーストへの加工や、販売用カップのデザイン案も学生が手がけた。  昨年度の日本酒に続く産官学連携商品の第2・・・  [記事全文]
    2016/01/13 10:51   【奈良新聞】  

    ロード中 関連記事を取得中...