47NEWS >  新商品・新技術 >  故郷・三石産コンブ若者にも 札幌の木村さんが販売会社
新商品・新技術
  •  新商品詳細

  • 故郷・三石産コンブ若者にも 札幌の木村さんが販売会社

     出身地のコンブを若者らに味わってもらおうと、札幌市白石区の木村真依子さん(29)がコンブ製品の販売会社を設立した。ふるさとの日高管内新ひだか町三石で長年コンブ漁をしてきた祖父茂さん(84)の思いを継ぎ、コンブの魅力を伝えようと考えたことがきっかけ。木村さんは「おしゃれな贈り物としても喜ばれる商品を作りたい」と張り切っている。  茂さんは一昨年まで現役の漁師で、新ひだか町でコンブ製品を販売する「木村七蔵(しちぞう)商店」を営んでいる。茂さんから「自分の代で店をたたむつもりだ」と聞かされ、木村さん・・・  [記事全文]
    2015/11/19 08:56   【北海道新聞】  

    ロード中 関連記事を取得中...