47NEWS >  新商品・新技術 >  宗麟南瓜の焼き菓子 大分市の「ぶらぼぅファーム」
新商品・新技術
  •  九州・沖縄詳細

  • 宗麟南瓜の焼き菓子 大分市の「ぶらぼぅファーム」

     大分市庄の原の「ぶらぼぅファーム」内の菓子工房は、大友宗麟の時代に初めて日本に伝えられたとされるカボチャ「宗麟南瓜(かぼちゃ)」で作った焼き菓子「ボーブラ大名のおみくじポンランタン」の販売を始めた。宗麟南瓜を使った商品は全国で初めて。神田京生子代表は「新しい大分土産として歴史ロマンを味わってもらいたい」と話している。 サクサク食感、優しい甘さ「歴史ロマン味わって」  宗麟南瓜はポルトガルの貿易船が宗麟に献上した品の一つ。県内では生産が途絶えていたが、福岡県豊前市で「三毛門南瓜」として栽培されて・・・  [記事全文]
    2015/11/30 15:48   【大分合同新聞】  

    ロード中 関連記事を取得中...