47NEWS >  新商品・新技術 >  九重で「みそマヨネーズ」開発 子どもも食べやすく
新商品・新技術
  •  九州・沖縄詳細

  • 九重で「みそマヨネーズ」開発 子どもも食べやすく

     九重町右田の「麻生醤油(しょうゆ)醸造場」(麻生隆一朗社長)は、サラダやトーストに使用する「みそマヨネーズ」を開発した。酸味のあるマヨネーズをまろやかにするため、甘みの強いみそと合わせた。子どもでも食べやすい味に仕上げている。  同社は1952年に創業し、麻生社長が3代目。食文化の変化により、みそやしょうゆといった基礎調味料の販路開拓は困難と判断し、新商品の開発に取り組んだ。  みそマヨネーズは、食卓に置いておけば子どもでも手軽にパンなどに塗って使える。町内や由布市湯布院町の観光施設などで64・・・  [記事全文]
    2015/03/22 09:48   【大分合同新聞】  

     最新の新商品・新技術
    ロード中 関連記事を取得中...