47NEWS >  新商品・新技術 >  人工クモ糸繊維の量産化成功 鶴岡のスパイバー
新商品・新技術
  •  新技術詳細

  • 人工クモ糸繊維の量産化成功 鶴岡のスパイバー

     脱石油による高性能繊維の開発と生産を目指すバイオベンチャー企業スパイバー(鶴岡市、関山和秀社長)は24日、人工合成したクモ糸繊維を量産できる技術開発に成功し、世界で初めて産業化が可能になったと発表した。新素材は「QMONOS(くものす)」と命名、自動車車体などへの利用を想定している。この日、工業製品のサンプルとしてドレスを披露し、世界に向けて革新的な技術をアピールした。  東京都の六本木アカデミーヒルズで記者発表会を開き、関山社長が明らかにした。同社はこれまで微生物を使ってクモ糸タンパク質を・・・  [記事全文]
    2013/05/24 22:56   【山形新聞】  

    ロード中 関連記事を取得中...