47NEWS >  新商品・新技術 >  タオル折り畳み無人化装置開発 姫路の2社 
新商品・新技術
  •  近畿詳細

  • タオル折り畳み無人化装置開発 姫路の2社 

     自動省力化機械設計製作の「関西技研」(姫路市)と、クリーニング業「山陽ダイヤパーサーヴィス」(同)が、山積みになったタオルから1枚を選び出して折り畳む装置を共同開発し、5日、同市内で実演発表会を開いた。(中川 恵)  クリーニング業界では洗濯、乾燥、折り畳みという作業工程の自動化が進む。しかし、洗濯物を折り畳み機に投入する際は、人の手が必要だった。この装置があれば人員が不要となり、人の介在による感染症の懸念が回避できる。24時間稼働も可能になるという。  洗濯物をより清潔で安全に‐と、バスタオ・・・  [記事全文]
    2012/07/06 14:57   【神戸新聞】  

    ロード中 関連記事を取得中...