47NEWS >  新商品・新技術 >  芋焼酎「磨き大島」を定番商品に
新商品・新技術
  •  新商品詳細

  • 芋焼酎「磨き大島」を定番商品に

     西海市大島町の長崎大島醸造(五貫信社長)は、皮などを削った地元産のサツマイモ「紅あずま」を使った「吟醸芋焼酎『磨き大島』」を定番商品として売り出した。  「磨き大島」は皮などを削って仕込むことで芋焼酎独特の癖を抑え、すっきりとした飲みやすさが特長。昨年商品化して2千本限定で発売したところ好評だったため、今年から定番商品とした。米の中心だけを使う吟醸酒をイメージし、「吟醸芋焼酎」とうたった。  同社の川南利男業務課長によると、通常の芋焼酎はサツマイモを皮ごと使うが「磨き大島」は皮などを削ることで・・・  [記事全文]
    2012/04/28 10:09   【長崎新聞】  

    ロード中 関連記事を取得中...