47NEWS >  新商品・新技術 >  土のうを使った減震工法を採用、外山産業グループ
新商品・新技術
  •  新技術詳細

  • 土のうを使った減震工法を採用、外山産業グループ

     広島大大学院の教授らが考案した、土のうを使うことにより低コストで減震効果が得られる中低層向けの建築基礎工法「T―BAGS減震工法」が、三条市で建設中の外山産業(同市)グループの倉庫で採用された。同社によると同工法の施工例は国内初。18日には県内の建設業者ら向けに工法の現地見学会が開かれた。  住居・余暇関連商品製造販売の同社グループは、2004年の中越地震で倉庫の窓が割れる被害があったことから、新倉庫建設にあたり低コストの地震対策を探したところ、発注先の安藤建設(東京)が同工法を紹介。同社下請・・・  [記事全文]
    2012/04/20 13:17   【新潟日報】  

    ロード中 関連記事を取得中...