新商品・新技術
  •  新商品 記事一覧    
  • 【宮崎日日新聞】

     小林市須木でクリを無農薬で栽培する山田英一さん(66)は、10年ほど前からジャムの製造に取り組んでいる。添加物を使わず素材本来の甘味が凝縮され、県内外の幅広い世代に支持されている。  商品化したジャムは30種類以上。果物や野菜をペースト状に加工し、砂糖を加えて半日以上かけて煮詰めていく。加熱し過ぎると素材の風味がなくなるため、火を止めるタイミングの見極めなど経験が出来上がりを左右する。  当初は130グラム入り(500円)だけ作っていたが、客の要望を受けて25グラム入りの五つセット(900円)も販売。赤や黄色など鮮やかな外見で、贈り物として若者らの人気を集める。  山田さんの農園や小林市水流… 続きはこちら


  •  新技術 記事一覧    
  • 【中国新聞】

     広島大大学院先端物質科学研究科の藤島実教授(集積回路工学)の研究グループなどは、一般にはまだ使われていないテラヘルツ波(300ギガヘルツ帯)と呼ばれる高い周波数の電波を使い、1台で毎秒105ギガビットの速さで無線送信できる性能を持つ送信機を開発した。8日に米サンフランシスコである国際集積回路学会で発表する。  スマートフォンにも使われる大量生産に向く集積回路「シリコンCMOS」を活用した。藤島教授たちは昨年、6台の送信機を使えば毎秒100ギガビットで送信できる技術を開発。集積回路の設計を改良して出力を10倍に上げて通信速度を高め、1台で毎秒105ギガビットの速度を可能にした。  テラヘルツ波… 続きはこちら


    東北の日本酒、飲み比べて 桜街道推進協、

     県内17カ所を含む東北の酒蔵80カ所や桜の名所をつなぎ、観光ルートとして発信する事業に取り組…  02/07 【山形新聞】     続きはこちら


    「まるで餃子バーガー」7日から発売


     【宇都宮】全国の高校生が考案したご当地メニューを競う「第5回ご当地!絶品うま…  02/07 【下野新聞】     続きはこちら


    自然な音色再現、価格抑制 ヤマハ・サイレ

     ヤマハは7日、販売開始20周年を迎えたサイレントバイオリンの新製品「YSV104」(4弦モデ…  02/08 【静岡新聞】     続きはこちら


  •  近畿 記事一覧    
  • 屋内用ロケットストーブ製作 篠山の北山鉄

     兵庫県篠山市野間の北山鉄工所が、小さな薪(まき)を燃料に屋内に設置できるロケットストーブを製…  01/31 【神戸新聞】     続きはこちら


    ひな人形、裏返すと電車

     光市室積村の光井鉄工所は、ちょうつがいの技術を生かしたステンレス製のひな人形を開発した。裏返…  02/11 【中国新聞】     続きはこちら


    大分の“新土産”発売 ゆずこしょう×チョ

     調味料や土産菓子の製造・卸の加藤商店(本社・杵築市)はゆずこしょうを使ったチョコレート菓子「…  01/06 【大分合同新聞】     続きはこちら