新商品・新技術
  •  新商品 記事一覧    
  • 【中国新聞】

     安芸高田市向原町の向原酒造は、交通事故と特殊詐欺被害の防止を呼び掛ける純米吟醸酒「アンダー100作戦」の販売を始めた。  昨年末に販売した飲酒運転事故防止を訴える日本酒に続く第2弾。広島県警が県内の年間交通事故死者数90人以下と特殊詐欺の被害額10億円以下を目指す活動にちなんだ名称で、ラベルにあしらった神楽の夜叉(やしゃ)が目を光らせる。  国産の新米を使った芳醇(ほうじゅん)な香りと淡麗な味わいが特徴で720ミリリットル入り1620円。同酒造は「お酒を通じて被害防止に協力できれば」としている。限定800本。向原酒造=電話0826(46)2008。… 続きはこちら


  •  新技術 記事一覧    
  • 【新潟日報】

     北越紀州製紙(長岡市)が、植物由来の極細繊維の新素材「セルロースナノファイバー(CNF)」を活用した高性能フィルターの開発を進めている。繊維をクモの巣状に張り巡らし、ナノ単位の多数の穴を作り出すことに成功した。2016年中に、工場や家電、自動車などを想定した空気清浄用のエアフィルター向けにサンプル品の提供を始める。需要開拓を進め、20年頃の製品化を目指す方針だ。  CNFは木材の繊維を薬品処理して解きほぐすと取り出すことができる。太さは髪の毛の2万5千分の1程度。自然由来だが、強度は鋼鉄の5倍で5分の1の軽さという特性がある。  北越紀州は、長岡市の長岡工場でガラス繊維の空気清浄用フィルター… 続きはこちら


    トマトキャラメル改良、味も見た目も自信作

     大蔵村の農産物で加工品を手作りしている「ままちゃん工房おおくら」(八鍬とも子代表)が、商品の…  04/14 【山形新聞】     続きはこちら


    新素材活用 高性能フィルター開発/北越紀

     北越紀州製紙(長岡市)が、植物由来の極細繊維の新素材「セルロースナノファイバー(CNF)」を…  03/11 【新潟日報】     続きはこちら


    春らしく「さくらコーラ」 23日新発売 

     全国清涼飲料工業会は、中小企業会員の新製品合同発表会を都内で開いた。島田市の木村飲料(木村英…  02/17 【静岡新聞】     続きはこちら


  •  近畿 記事一覧    
  • 2万1000組限定モデル

     京セラは、硬質のセラミックスを塗膜加工した大小3サイズのガス火用フライパンのセット商品を発売…  05/20 【京都新聞】     続きはこちら


    詐欺や事故防止訴える吟醸酒販売

     安芸高田市向原町の向原酒造は、交通事故と特殊詐欺被害の防止を呼び掛ける純米吟醸酒「アンダー1…  05/24 【中国新聞】     続きはこちら


    朝地牛味わう「めしの素」 豊後大野市「道

     豊後大野市朝地町の「道の駅あさじ」は特産の朝地牛を使った新商品「朝地牛めしの素(もと)」を発…  04/28 【大分合同新聞】     続きはこちら