新商品・新技術
  •  新商品 記事一覧    
  • 【山形新聞】

     酒田市雇用創造協議会(会長・丸山至市長)が地元食材を使って開発した新商品「米粉ホワイトソース」「玄米甘酒プリン」の発表会が20日、市総合文化センターで開かれた。同協議会に申し込むとレシピを入手でき、自由に利用できる。  米粉ホワイトソースは、庄内産・国産の食品を求める地元消費者向け。小麦粉の代わりに庄内米の米粉を使い、酒田市産のタマネギを加えて、単身者や核家族も使いやすい1人分2袋入りの商品に仕上げた。玄米甘酒プリンは、観光客をターゲットにした。酒田市産のもち米で作った甘酒のうまみを生かし、ラベルには鳥海山や山居倉庫など旅の思い出になる風景をデザインした。  発表会には市内の飲食店、食品… 続きはこちら


  •  新技術 記事一覧    
  • 【山形新聞】

     電子機器部品や照明器具製造などの後藤電子(寒河江市、後藤芳英社長)は、顕微鏡用の有機EL照明「OLEDマイクロスコープライト(仮称)」を開発した。発光ダイオード(LED)など既存光源に比べて対象物の影の発生ができにくく、細部の観察が可能。自然光に極めて近いことから色の判断が正確に行え、目の疲れも軽減されるという。カメラの接写用照明としての展開も想定し、10月にも販売を開始する。  顕微鏡のレンズ部分に、有機ELパネル4枚を組み合わせた本体を装着し、対象物に応じて光の角度を変えることが可能。調光機能も備える。価格は2万3千円。安価な小型パネル(縦約4・5センチ、横約4・7センチ)を採用するこ… 続きはこちら


    細部くっきり有機ELライト 顕微鏡用、後

     電子機器部品や照明器具製造などの後藤電子(寒河江市、後藤芳英社長)は、顕微鏡用の有機EL照明…  07/22 【山形新聞】     続きはこちら


    「脂取り紙」第1弾はイチゴのデザイン 真

     【真岡】市は、各種商品の梱包(こんぽう)業務などを行う下籠谷(しもこもりや)の障害者支援施設…  07/22 【】     続きはこちら


    リズム伴奏、18種類の音色で手軽に ロー

     ローランドは、ギターやウクレレなどアコースティック楽器の演奏にパーカッションのリズム伴奏を加…  07/19 【静岡新聞】     続きはこちら


  •  近畿 記事一覧    
  • 五條市ジビエ 今度は燻製肉 - 完全無添

     五條市は、ジビエ加工品の新商品「燻製(くんせい)猪肉」と「燻製鹿肉」を、あす7日から発売する…  07/06 【奈良新聞】     続きはこちら


    新茶そば 出雲コラボ「本場の味」

     手作りおかずの冷凍食品などを販売する「わんまいる」(大阪市)が、島根県内企業と共同で開発した…  07/14 【中国新聞】     続きはこちら


    大分県産カボスのソーダ モスバーガーが来

     ハンバーガーチェーンの「モスバーガー」は7月11日から九州・沖縄の全189店舗で、県産カボス…  06/30 【大分合同新聞】     続きはこちら