新商品・新技術
  •  新商品 記事一覧    
  • 【静岡新聞】

     桃中軒(沼津市)は9月1日、「豊かに楽しむ三島の秋」をテーマにした季節限定駅弁「三嶋物語 秋日和」を発売する。  三島産シメジを豚バラ肉で巻き甘辛い煮汁を絡めた「豚肉の三島しめじ巻き」、三島産サツマイモの揚げ巻き、ホウボウのチリソースなどを二段重に詰め、三島産野菜の質の高さをアピールする献立とした。  11月30日までの限定販売で価格は千円。三島、沼津のJR各駅で販売するほか、電話注文を受け付ける。問い合わせは桃中軒<電055(963)0154>へ。… 続きはこちら


  •  新技術 記事一覧    
  • 【中国新聞】

     三次市上志和地町の木材加工会社「一場木工所」は、匂い袋の香りが出始めるタイミングや、届く方向を調節できる独自技術を開発し、特許を取得した。同社が研究を進めている、天然乾燥のヒノキのかんなくずを詰めた匂い袋に転用し、商品化を目指す。  密封された袋に取り付けたひもを引っ張ると、袋のミシン目が破れて中身の香りが出始める仕組み。ミシン目の位置を変えることで、香りが漂う方向をコントロールできる、という。  必要な時にひもを引いて使い始められるので、いつでも香りを十分楽しめる。香りが拡散せず届けたい相手だけに楽しんでもらえる、という。  同社は2013年、天然乾燥させ、本来の香りが残ったヒノキを使った… 続きはこちら


    新食感!庄内米でグラノーラ 山大農学部生

     山形大農学部(鶴岡市)で、永井毅教授の研究室に所属する永田匠さん(21)=食料生命環境学科4…  08/23 【山形新聞】     続きはこちら


    卵の殻で粉末抗菌剤 那須塩原の抗菌研究所

     抗菌研究所栃木Lab(那須塩原市鹿野崎)は18日までに、卵の殻を再利用した粉末抗菌剤を開発し…  08/19 【下野新聞】     続きはこちら


    静岡・井川の土産、中学生発案 茶かりんと

     静岡市立井川小中学校(葵区)中学2年の滝浪遥奈さんが考案した地元産茶粉末入りの「お茶かりんと…  07/30 【静岡新聞】     続きはこちら


  •  近畿 記事一覧    
  • 第2段は梨ジェラート 大淀産など原料に 

     近鉄リテーリング(大阪市)は、近鉄沿線の地域商品ブランド「irodori kintetsu(…  08/17 【奈良新聞】     続きはこちら


    広島県民の味「熱愛カレー」考案

     スーパー藤三(呉市)は、広島県内の家庭で親しまれている味を取り入れた「広島県民熱愛カレー」を…  08/14 【中国新聞】     続きはこちら


    唐揚げを丸ごと使ったふりかけを発売 サン

     サンヨーコーヒー(別府市、TEL0977・22・5181)は、有名店の唐揚げを丸ごと使ったふ…  06/16 【大分合同新聞】     続きはこちら