47NEWS > 47特集 > U30のコンパス

「47NEWS向け書き下ろし」チャレンジしまくりたい 2階級王者が拳に込める決意(2回続き)

(1)2度と自分に負けたくない プロボクサー田中恒成

 日本最速タイの8戦目で2階級制覇を達成した世界ボクシング機構(WBO)ライトフライ級チャンピオン田中恒成(たなか・こうせい)21歳。「防衛するよりチャレンジしまくりたいタイプです」。中京大に通う現役の大学生でありながら、強い相手を求めて戦い続けるプロボクサーの生き方を追った。(名古屋写真映像部・稲葉拓哉29歳)


 高校で4冠を達成し在学中にプロに転向、またたく間にミニマム、ライトフライの2階級を制覇した。元世界王者で「SOUL BOX畑中ボクシングジム」の会長畑中清詞(はたなか・きよし)(50)も「怪物だ」と話す。そんな田中にも、苦い思い出がある。

 「今となってみれば後悔じゃないけど…」。高校2年までにタイトルを総なめにし、臨んだ高3のインターハイ。勝つうれしさを見失い、闘争心を欠いていた。腰の状態が悪く、思うように動けないもどかしさからふてくされ、監督で恩師の石原英康(いしはら・ひでやす)とも衝突。練習もサボった。それでも「勝って当たり前」と思っていた準決勝で、まさかの判定負けを喫した。

 悔しさとふがいなさで3位のメダルは表彰後すぐに外し、賞状は丸めて放り投げた。「自分に負けていたんです。試合前に負けていた」。決勝に体力を温存しようとした自分を悔いる言葉が並んだ。一戦一戦出し切らなければ、と痛感した。

 畑中清詞会長(左)とミット打ちする田中恒成=2017年1月1 9日、名古屋市 畑中清詞会長(左)とミット打ちする田中恒成=2017年1月1 9日、名古屋市

 インターハイ後、プロテストを受けた。デビュー戦はその2カ月後。相手は、日本では前例のない世界6位のランカーだった。畑中も「一種の賭けだった」と話す。

 ヘッドギアを外し、グローブも小さい。6ラウンドの試合も初めてだ。分からないことだらけ。「強い相手がいいなんてアホなことを言った。プロとして自分がどのレベルにいるかもわからなかったのに」。怖さが襲ってきた。腰も治っておらず、注射を打っての練習。不安で眠れない日々の中、背中を押してくれたのは周囲の支え、そして期待だった。

 100円のパンを我慢していた友だちが、5千円のチケットを買って見に来てくれる。「根拠はなくてもいい。自信だけは持って一戦一戦やろう。自信が無いやつにお金を払わせるのは失礼じゃないか」

練習を終え、汗を流す田中恒成=2016年12月26日、名古屋 市練習を終え、汗を流す田中恒成=2016年12月26日、名古屋 市

 インターハイのときのような思いは繰り返したくない。自分と向き合い続けて出した答えに、逃げるという選択肢はなかった。「負けたらみんなに合わせる顔がない。なにより、2度と自分に負けたくない」

 1ラウンド目に強烈な右ストレートを決めダウンを奪うと、見事な判定勝ち。プロとしての自覚が芽生え、挑戦する喜びを取り戻したデビューだった。(敬称略)


田中恒成選手の写真はこちらで↓

http://behindphotos.com/