47NEWS >  エンタメ >  田坂貢二のエンタメスポーツ
エンタメスポーツ
「野球コラム」東大が89年ぶりの快挙 根底に浜田監督の「東大野球部愛」

東京六大学野球リーグの法大戦で、4回の田口の3ランを喜ぶ東大の選手たち。法大に連勝し東大は15年ぶりの勝ち点を挙げた=10月8日、神宮球場
東京六大学野球リーグの法大戦で、4回の田口の3ランを喜ぶ東大の選手たち。法大に連勝し東大は15年ぶりの勝ち点を挙げた=10月8日、神宮球場

東大の快挙に、東京六大学野球は大変な盛り上がりである。

東大は10月8日の法大2回戦に連勝し、2002年秋の立大戦以来の勝ち点を挙げた。法大戦での勝ち点は1993年秋以来だが、連勝での勝ち点となると1928(昭和3)年秋までさかのぼることになり、実に89年ぶりとなる。

▽六大学最強

なぜ大騒ぎになるかと言えば、相手が法大だからだ。法大は早大の45度のリーグ戦優勝に次ぐ44度の優勝回数を誇る「東京六大学最強」のイメージがあり、プロ野球に140人を超す選手を送り出してきた。

戦前の若林忠志や関根潤三、そして田淵幸一、山本浩二、富田勝の「法大三羽がらす」、さらに江川卓の各氏らそうそうたるOBを見るまでもなく、日本球界を担ってきたのは間違いない。

ただ、ここ10年を見ても優勝は2度にとどまり下位に低迷するケースが目立つ。

プロ球界で現在活躍しているのはDeNAの石田健大、三上朋也、三島一輝投手あたりしか名前が出てこない。

東大が勝てるのは、かつては立大だったが、今では法大というのがネット裏の一致した見方で、それを実証した格好となった。

▽「94連敗」でストップ

東大が15年春に最多連敗記録を「94」で止めた相手も法大で、同秋に2年生左腕の宮台康平が法大戦にリーグ戦初勝利を挙げて一躍注目された。

16年春には明大、立大、法大を下しシーズン3勝を果たし、また0―1で九回にサヨナラ負けしたとはいえ、宮台が早大相手に毎回の13三振を奪いプロも注目するようになった。

▽東大法学部は初

現在、6勝を挙げている宮台について言えば、その当時の宮台はボールの出所が分かりにくいフォームだったが、今春に肩を痛め、素直な投げ方になっている。

球の速さは増したが、制球力が悪くなり、打者はタイミングが取りやすくなっている。

既に「プロ志望届」を提出しており、最難関の東大法学部から初のプロ選手が誕生しそうである。

プロで通用するかについては、私は疑問を持っている一人だ。ついこの間、京大からロッテ入りした田中英祐投手が戦力外通告を受けたばかりだ。

他のプロ選手と比べ、基礎体力や基礎技術の積み重ねなどでハンディを背負っているのだが、宮台は何事に対しても意識の高さは相当なもので、負けん気の強さも相当なものだ。そこに注目したい。

▽再び「赤門旋風」か

東大の最高順位は46(昭和21)年春の2位でまだ優勝はない。81年春は早慶から勝ち点を奪うなどチーム史上最多の6勝を挙げ4位となり「赤門旋風」と騒がれた。

ここ3年は「勝っても不思議ではない」力を付けている。今季は残る明大戦で勝ち点2が達成されるかどうかであるが、ここまでチームを引っ張って来たのが浜田一志監督(53歳)である。就任5年目で、やっと手応えをつかみつつあると思う。

▽高知県人らしい前向きな姿勢

浜田監督が就任したのは13年から。2年間は全く勝てず、連敗を94まで伸ばしてしまった。しかし、高知県人らしいというか、とにかく前向きでめげない。

なにより「東大野球部愛」がすごい。いいと思うことはすぐ実行する。元中日の谷沢健一氏は既に打撃コーチをしていたが、新たに元巨人の桑田真澄氏を特別コーチに招いて2年間指導を受けた。

▽一番に食事管理

東大の選手は他大学の甲子園球児などと違って野球漬けでない分、基礎体力が備わっていない。私が目にしたのは、そこそこいいと思う1、2年生投手が次の年には肩や肘を故障して野手に転向するか退部するかという現実だった。

浜田監督は(1)食事(2)トレーニング(3)筋力トレーニング(4)守備(5)打撃の順位付けで選手に猛練習を課している。投手はキャンプなどでは1日4時間、野手は1時間のランニングと筋トレを義務付ける。

食事の管理はうるさい。浜田監督は「一日5000キロカロリーと考えているが、現状は4300キロカロリーぐらい。ご飯を食べ筋トレで鍛える」は終始一貫している。

その成果を示すのが、現在リーグ2位のチーム7本塁打のパワーだ。今春の全敗は宮台の出遅れと昨年までの打力が陰を潜めたからだった。

浜田監督は「うちの選手たちには努力を続ける能力がある。東大だから頭脳プレーではない」と、激しい練習を課す根拠を口にしている。

▽データ野球

選手の経験不足を補っている戦術がある。「データ野球」である。

もちろん、東京六大学に限らず、どの大学でも採り入れている戦術だが、東大は徹底していて、メジャー並みの守備位置に驚かされるケースが見られる。

もう一つは「数値化」である。(1)投手=制球率を上げる(2)野手=ヒット性の打球を打つ(3)チーム=ヒットより得点を数字で表し、毎日、数字と向き合うことで一人ひとりの意識が変わる。

▽東大スカウト部長

浜田監督は「東大野球部スカウト部長」を名乗っていて、いい選手がいると聞けば出向いて「東大の野球部に来ないか」と誘い、勉強の仕方を指導する。野球部員に話をさせることもある。

自ら学習塾を経営しているが、この目的は「東大野球部に一人でも多く入れる」ことにある。「入学してから野球部に入るのではなく、野球をやっていた球児を東大に入れようというものだ。

▽自らの体験を基に

これには実体験があった。高知・土佐高野球部の主将だった浜田監督に土佐高OBで元東大野球部監督だった岡林甫氏から「東大に来ないか」と声を掛けられた。

数学は自信があったが、英語、国語が駄目なことから慶大受験を目指していたが、先輩の誘いにすっかり「その気になり」夏以降に猛勉強して現役合格した。

浜田監督は「偏差値30でも受かる。東大野球部に」と、球児に声を掛け続けている。

田坂貢二[たさか・こうじ]のプロフィル

1945年広島県生まれ。共同通信では東京、大阪を中心に長年プロ野球を取材。編集委員、広島支局長を務める。現在は大学野球を取材。ノンフィクション「球界地図を変えた男 根本陸夫」(共著)等を執筆



「野球コラム」ロッテの次期監督に井口就任へ スター監督求め続ける日本球界

エンゼルス戦の始球式を務めたホワイトソックスOBでロッテの井口資仁内野手=28日、シカゴ(共同)
エンゼルス戦の始球式を務めたホワイトソックスOBでロッテの井口資仁内野手=28日、シカゴ(共同)

人材不足なのか、それとも球団の努力不足なのか。ロッテの来季監督に井口資仁内野手が就任するという報道に、そんな思いを抱かざるを得なかった。

井口は今季を最後に、日米通算21年間の現役生活に終止符を打った元ダイエー(現ソフトバンク)、そしてロッテのスター選手である。

指導者としては未知数なのだから、冒頭の話は失礼かもしれないが、球団がどんな考えで監督選びをしたかと想像すれば、球団OBだし、ファンに人気があるからという理由しか思い浮かばない。

ファンが納得しやすい「スター監督」を求め続ける日本球界らしいといえばそれまでだが、そこからはプロスポーツのトップを走るプロ野球のダイナミズムは感じられない。

▽「社内人事」なのか

かつて巨人のオーナーがチームの不振打開に、いとも簡単に前監督を担ぎ出す監督交代を批難されると「(読売の)社内人事みたいなもの」と言ってのけ、「監督の座はそんなに軽いのか」と疑問視されたことがある。

ロッテの本社は親子の権力争いで大混乱していて、球団経営まで手が回らないのが現状だ。

選手に金をかけないため、有力外国人選手は他球団に移るし、監督選びもOB中心の人選であまり手間をかけているようには見えない。重光昭夫オーナー代行が取り仕切る「個人経営球団」に近い。

▽再建策はあるのか

重光オーナー代行と井口は同じ青山学院大出。関係者によると、監督候補に上がった当初、井口は就任に否定的だったと聞いた。

そりゃそうだろう。ロッテの戦力は熟知しているからで、今季も予想された通りの低迷ぶりだったことでも分かる。

オーナー代行に直接口説かれたか、自らも一度は監督をやってみたいと思ったのかもしれないのだが、監督就任の席でチーム再建策をどう語るか。

井口は4年間、選手としてメジャーでプレーしワールドシリーズ優勝も経験。また、監督とはどうあるべきかを学んでいるはずだ。

球団のピンチに「男気」で引き受けたとは考えたくないし、熱い声援で知られるロッテファンの期待に応えるためにも、井口は最低でも5年ぐらいの契約年数を取り付け、同時に親会社からの資金投入を約束させることが必要だが、信念に基づいて行動できるだろうか。

▽ヤクルトは再登板

12球団で監督交代となるもう1球団はヤクルト。2年前にリーグ優勝した真中満監督がわずか3年で退き、小川淳司前監督が復帰する。

小川前監督は2010年5月に、当時の高田繁監督の休養を受けて監督代行となり、翌年から4年間監督を務めた。

なるほど、11年には中日、巨人と9月まで優勝を争った。

こうした実績が決め手となったかも知れないが3、4年目は最下位となり退任。その後は球団のシニアディレクターとしてチームづくりに携わってきた。

今季のヤクルトはけが人続出とはいえ、選手力層の薄さを露呈して最下位。その責任の一端を担う立場の小川氏で再建に当たるのだから、ここでもロッテ同様に残念ながら人材不足と努力・準備不足を指摘せざるを得ない。

▽野球人気に甘えるな

ヤクルトは9月30日からの中日2連戦(神宮球場)は5、6位の消化試合ながら2万5000人を超す観客を集めた。

今のプロ野球は繁栄期にあるのだが、こうした状況は球団の危機感を薄らげる結果にならないだろうか。よほど意識を高く持たないと、そのうちファンの足は遠のくことになるのは過去が教えてくれている。

▽CSにも進出できず

巨人が10月1日の阪神戦に敗れて11年ぶりの4位が確定。球団初のクライマックスシリーズ(CS)進出を逃し、3年続けてリーグ優勝を逃した。

高橋由伸監督2年目の今季は5連勝と絶好のスタートを切りながら、6月に球団ワーストの13連敗を喫し下位に低迷。7月から菅野智之、マイコラス、田口麗斗の投3本柱を中心に猛反撃に出たが、DeNAとのし烈な3位争いに最後で負けた。

敗因は野手の新戦力が育たず相変わらず阿部慎之助や村田修一のベテランに頼る一方、大金をはたいて獲得したFA組が故障などで働かなかったことにある。

▽目指す野球が見えない

指導者経験がない高橋監督に全てを託すには最初から無理があった。

首位広島から大きく離されると、思い切って投打の若手を起用した。

その中から新人の畠世周が6勝を挙げるなどしたが、その畠も勝負所の最終盤では通用しなくなった。

高橋監督の野球は投げて打つ、シンプルなものだ。だから投手が好投し、打線が得点すれば勝てるが、苦しい展開を打開する「引き出し」を持っていない。

広島のように機動力があるわけではないし、DeNAのようにロペス、筒香嘉智、宮崎敏郎のようにクリーンアップをほぼ固定して戦うにはベテランが多過ぎる。

来年はどんな野球を目指すのかが注目され、高橋監督の真価が問われる年になるが、鹿取義隆GMがどんな構想でチームづくりをするかも見ものである。

▽長嶋監督誕生で狭まった監督選び

球界を引っ張る巨人ほど、スター監督にこだわる球団も珍しい。

もともと人気球団なのだから、選手時代に少々人気がなくてもしっかりした野球観を持った人物を監督に選べばいいと思うのだが、実際はスターでないと監督になれていない。

監督選びが劇的に変わったのは1975年に長嶋茂雄監督を迎えてからだと思う。しかも1度ならず2度まで監督を任せている。

もちろん、長嶋監督はリーグ優勝5度、日本一にも2度なっているからそこそこの成績と言えそうだが、目の前の優勝を目指すあまり選手補強はFAが主で、常に若手の育成は後回しになってきた。そんな長年のツケが回って来ているとも言える。

▽強すぎる本社の意向

原辰徳監督時代に清武英利GMが3軍創設などで球団を変えようとしたが、道半ばで実質的なオーナーの渡辺恒雄氏と衝突して退団した。巨人は親会社の読売新聞の意向に逆らえないことを見せつける“事件”だった。

皮肉なことだが、そうした体質を変えるには今年の4位転落は格好の材料と映るのだが、「7月以降の高橋監督はよくやった」と総括するようなら、元の木阿弥だろう。

田坂貢二[たさか・こうじ]のプロフィル

1945年広島県生まれ。共同通信では東京、大阪を中心に長年プロ野球を取材。編集委員、広島支局長を務める。現在は大学野球を取材。ノンフィクション「球界地図を変えた男 根本陸夫」(共著)等を執筆



「野球コラム」早実高・清宮選手がプロ入り表明 清原、松井氏ら“怪物”に迫れるか

記者会見でプロ志望を表明し、笑顔を見せる早実高の清宮幸太郎選手=9月22日午後、東京都内
記者会見でプロ志望を表明し、笑顔を見せる早実高の清宮幸太郎選手=9月22日午後、東京都内

大学進学かプロか、その進路が注目されていた高校球界屈指のスラッガー、東京・早実高の清宮幸太郎選手がプロ野球を選択した。

9月22日に開いた記者会見で「プロ志望届け」を提出することを明らかにした清宮選手は「プロ野球での活躍が子どもの頃からの夢。より高いレベルに身を置いて努力していきたい」と、決断した決め手などを笑顔で語った。

▽868本塁打を抜く使命感が

記者会見でははっきりものを言った。いきなり王貞治氏の本塁打世界最多記録を抜く使命感があると言った時はさすがに驚かされたが、この18歳の若者が気負いなく語る壮大な夢を、ほとんどのマスコミが好意的に捉えた。清宮選手の素直な性格もあるだろう。

「高校時代から多くの人に球場で応援してもらい力になった。プロでも見ている人を感動させられる選手になりたい。理想はそこにある」

「憧れでもあるが、目標の選手は(早実OBの)王さん。あの868本(塁打)は抜かさなくてはいけないという使命感があるし、本塁打王は目指すべき目標かと思う」

「(メジャーでのプレーという)夢は変わっていない。目の前のことをクリアしていくことで夢につながるという確信がある」

▽有力だった早大進学

清宮家や早実高のガードの堅さもあって、さしものスポーツマスコミも進路については大学とプロで見方が二分されていた。

ただ、早くから「早大進学で決まり」の声が優勢で、早大広報部が受け入れ態勢に着手したとか、東京六大学野球リーグでも、早大・斎藤佑樹選手(現日本ハム)以来の超人気選手の加入に「再びリーグの黄金期到来」と期待は高まっていた。

▽急転直下の進路変更

清宮選手が進学からプロ野球へ進路を変えたのは9月初旬にカナダで行われたU―18(18歳以下)ワールドカップ(W杯)に出場したことからだ。

この間のことをこう言っている。「最初は大学に行くつもりだった。高校野球を始めてからいろいろなステージを踏むことでプロの世界が見えてきた」と。

U―18W杯で同世代の世界の選手と一緒にプレーしたことで、世界レベルで戦う意識が一気に高まったようだ。清宮選手にとってメジャーリーグこそ世界を意味するもので、その世界を肌で感じられたことで、自分が目指している目標を再認識したと思う。

本人は「(世界の仲間と戦うのが)楽しくて仕方なかった」と述懐している。

大学という寄り道をせず、日本プロ野球を経てのメジャー行きが「自分の夢」を叶える近道と結論付けた。

▽注目の10・26ドラフト

プロ志望届けを出したことでプロ球団との面談が可能となる。ほぼ、全球団と会って話をすることになる。もちろん、10月26日のドラフト会議前に希望する球団を口にすることはNGだが、球団側の姿勢は把握できる。

22日の記者会見では「12球団全てで入団OKか」と問われ、「厳しく鍛えてくれる球団」と答えた。

希望しない球団なら「入団交渉は決裂」となる可能性を否定しなかった。取りようによれば、あらぬ誤解を招きかねない。どこかの球団と密約ができているのではないかというものだ。

希望球団でない場合は早大進学もあると指摘する向きがあるのはそのせいであろう。

いずれにしても、5年在籍しただけで今オフにもポスティングシステムで米国へ行く日本ハムの大谷翔平選手のように、FA制度ではなく若いうちに特例でメジャーに挑戦させてくれる球団ならいいのだろうと思う。

▽不安材料も

高校通算111本塁打と最多記録を更新した清宮選手が果たして清原和博、松井秀喜両氏のように高校時代の怪物ぶりをプロでも発揮できるだろうか。

よく比較される清原氏は1年目に打率3割4厘、31本塁打78打点で新人王になったが、専門家の見方は「清原は別格で比べられない」というものだ。清原氏は右中間方向への本塁打が3割近くあった。この広角打法は独特のものだ。

清宮選手は学年を経るごとに打球の角度がつき高く遠くへ飛ぶようになったし、少ないとはいえ左中間方向への大きな打球も見られた。技術面では進化していると思うが、これは高校レベルの話である。

プロ野球の速球や変化球、とりわけ落ちる球をどう打つか。U―18W杯でも2本塁打したが、米国のエース級は打てなかった。木のバットの問題もある。一番の不安材料は約100キロ体重である。

▽締まった体の清原氏

思い出してもらいたい。球史に名を刻んだ選手はみんな締まった体付きである。

清原氏は、晩年は体を大きくしすぎてけがに泣かされたが、西武入団当初は締まって体型。本塁打歴代3位の元南海などの門田博光氏も、2度のアキレス腱断裂から思うような走りこみができず太ったが、全盛期は違った。松井秀喜氏も体はごつかったが、肥満ではなかった。

重い体重は膝の負担を増やし、次いで腰そして上半身に影響が及び、手首の故障の原因になる。西武の“おかわり君”こと中村剛也選手が今苦しんでいるのがまさにそれだ。

日本ハムの中田翔選手なども体重の絞り込みをしっかりやっていないと、選手寿命は短くなる。

▽1年目が勝負

体重に加えて練習不足を危惧する声があった。清宮選手の111本塁打は多くの練習試合がもたらしたものだ。

今年の6月などは信じられないほどの遠征試合が組まれた。伸び盛りの時期に腰を据えた練習が不足していたのは間違いない。超人気高校の宿命ということだけで片付けられないと思ったのは、私だけではなかっただろう。

早実高OBで元ヤクルト投手の荒木大輔氏は「志望届けを出すと決めた以上は自主トレやキャンプを見据えて、今からしっかり練習していないと駄目」と話している。

「プロの練習についていけるよう、体を絞り込め」と警告している。

田坂貢二[たさか・こうじ]のプロフィル

1945年広島県生まれ。共同通信では東京、大阪を中心に長年プロ野球を取材。編集委員、広島支局長を務める。現在は大学野球を取材。ノンフィクション「球界地図を変えた男 根本陸夫」(共著)等を執筆



アラーキーの幸福写真
乃木坂/ギャルママ(下)

    スタジオでの撮影が続く。17歳で長男を出産した大工原里美さんは、3人の子どもとカメラ…