47NEWS >  エンタメ >  岩崎龍一のエンタメスポーツ
エンタメスポーツ
「サッカーコラム」まだ鹿島の後ろ姿は見えている J1川崎が土壇場で見せた劇画的逆転劇

川崎―仙台 後半、同点ゴールを決め喜ぶ川崎・小林(右)=等々力
川崎―仙台 後半、同点ゴールを決め喜ぶ川崎・小林(右)=等々力

自分が劇作家だったとしても、恥ずかしくてこのようなストーリーはとても書かないだろう。あまりにも話が出来過ぎ。いわゆる、ベタというやつだ。

シーズンも締めくくりに入った10月14日のJ1第29節の川崎対仙台戦。川崎のホームである等々力陸上競技場で行われた一戦の試合展開は、「事実は小説より奇なり」という英国の詩人バイロンの言葉が現実にも存在するのだということを改めて思い知らされる展開となった。

残り時間10分弱の時点で、2点のビハインドを背負っていた川崎。その2失点ともが「出合い頭の事故」的なものではなく、仙台の緻密な組み立ての末に奪われた得点。普通ならば、勝ちはおろか引き分けすら望めない展開だ。それをわずか6分足らずの間に3ゴールを連続でたたき込んで引っ繰り返す。劇画だったらあまりにもひねりがない。まさに「陳腐」だが、現実世界で目の当たりにすると鳥肌が立つような身震いを覚えた。そのような試合に出くわした観客は、自分も含め幸運だった。

「今日負けていたら終わっていたんで……」

この日、史上17人目となるJ1出場400試合を果たした川崎の“バンディエラ”中村憲剛が語ったように、2位につける川崎がこの試合に敗れていたら今シーズンのJ1の優勝争いは急激につまらないものになっていただろう。首位・鹿島との勝ち点差が8に開く可能性があったからだ。残り5試合でこの差を詰めるには、川崎が勝ち続け、鹿島が「2勝2敗1引き分け」ないしは「1勝4分け」で勝ち点がやっと並ぶ。逆転するには、鹿島が3敗しなければいけない。勝負どころで桁違いの強さを発揮する鹿島に限って、それは考えにくいことだった。

1週間前のルヴァン・カップ準決勝の試合に続き、今月だけで3度目の対戦。開始から主導権を握ったのは仙台だった。ボールを奪ってからの一本目の展開が効果的で、ペナルティーエリア付近までは必ずパスがつながっていく。正直、仙台がここまでのパスサッカーに変貌しているのは知らなかった。意図を持ったボール運びをするチーム同士の試合展開は、見ていても楽しくなるものだった。

ちょっとナイーブなジャッジもあって、家長昭博が二度の警告を受けて、前半で退場処分。2点を奪われた時点で、数的不利の川崎が勝つのは難しい展開になった。いつもは「平和的」雰囲気で知られる等々力にしては珍しく、仙台寄りの判定が出ると激しいブーイングが起こる。そこには、勝ちから遠ざかりつつある現状に対する怒りが加味されていたように思える。とにかく、スタジアムにはいつにない独特の「負」の空気が漂っていた。

重たい雰囲気を足の一振りで変えたのがエウシーニョだった。本来は右利きの右サイドバックが、車屋紳太郎のパスを受けると内側にカットイン。ペナルティーエリアの外から、ファーポスト際に見事な左足でのミドルシュートをたたき込んだ。後半37分のことだ。

「パスをもらった瞬間にシュートのイメージは持っていた。いつも左で打つときはあそこ(ファーポスト際)を狙っている。カーブで中に入ってくるボール」

エウシーニョのこの力強い一撃は、エース小林悠の心にも勇気を与えた。「エウソン(エウシーニョ)のゴールで、もしかしてという希望が出た」と、パワーをもらったキャプテンはここから計り知れない底力を発揮する。

ペナルティーエリア外からでも、GKのセーブが及ばないファーポスト際に思い切ったシュートを放つ。点を取るためには、シュートを放たなければいけない。逆転するためにはそれが不可欠だった。

後半39分、そして同42分。小林はペナルティーエリア外からカットインしてから弾丸シュートを放った。振り抜くと浮きがちなインステップではなく、インフロント気味にボールをとらえた技術は、興奮状態の中に置かれても冷静さを失わない点取り屋ならでは。直前にエウシーニョがいいイメージを映像で残してくれたのも大きい。それがペナルティーエリア外からの、豪快にして細心のシュートにつながった。結果、見事な逆転劇で川崎の視界には、まだ鹿島の後ろ姿がまだしっかりと見えている。

「負」の空気感。それは一瞬にして変わることをスタジアムにいた人は感じただろう。奇跡的な勝利を収め、自らの400試合出場に花を添えた中村は、小林が同点とした瞬間の空気感をこう表現した。「逆転までいける。そういう等々力の空気がすさまじかった」と。

帰路につく人々の表情が、なんと幸せそうなことか。きっとこの人たちは、この試合を境に「奇跡」があることを改めて実感したに違いない。楽しい一日だった。

岩崎龍一(いわさき・りゅういち)のプロフィル サッカージャーナリスト。1960年青森県八戸市生まれ。明治大学卒。サッカー専門誌記者を経てフリーに。新聞、雑誌等で原稿を執筆。ワールドカップの現地取材はブラジル大会で6大会連続。



「サッカーコラム」見えないものが見える選手 欠場でわかった吉田麻也の存在感

日本―ハイチ 後半、厳しい表情で試合を見守るハリルホジッチ監督=日産スタジアム
日本―ハイチ 後半、厳しい表情で試合を見守るハリルホジッチ監督=日産スタジアム

同じ光景が目に映っていても、必ずしも同じものを見ているとは限らない。例えば、友人と隣同士の席に座って試合を観戦したとする。ピッチで起こった一つの現象に対して、一人は小さなミスがあったことに気づき、もう一人は何の違和感も抱いていない。そんなことが少なからず起きる。

この2人を分ける要素は何か。それは「知識」に他ならない。多くの知識を持っている者は、瞬間、瞬間に起こる事柄に対して、これが正しいのか間違っているのかを選別しながら試合を見る。逆に、知識が乏しい者は選別するための基準を持ち合わせない。だから、ミスが起こっていることにさえ、気づいていないこともあるのだ。

来年6月から7月にかけてロシアで開催されるワールドカップ(W杯)。その本大会に出場する23人のメンバー入り争いのスタートと銘打った日本代表の10月シリーズ。6日のニュージーランドと10日のハイチの2試合は当初、「もう少しレベルの高いチームと対戦しなければ強化の意味がない」という意見もあった。

しかし、終わってみれば2―1の辛勝と3―3の引き分け。特にハイチとの2試合目は、バヒド・ハリルホジッチ監督を激怒させた。あまりに低調な内容に、指揮官が「今夜、このような試合の後に、W杯本大会の話をすると愚かな人間だと思われてしまう」と、これ以上ない自虐的な言葉を吐くほどだった。

ハリル体制になってから、最多となる3失点。それは、吉田麻也を初めて欠いた試合でもあった。そして、守備の要として不動の存在だったこのCBを外すテストは、W杯本大会までに必ず試しておかなければならないことでもあった。なぜなら、負傷や出場停止などで吉田を欠くことは十分にあり得る。ポジションの特性を考えれば、本大会で吉田が一発退場することは起こり得るのだ。

結論からいえば、ハリル・ジャパンに占める吉田の存在感がいかに巨大かを証明することになった。残念ながら、現在のJリーグには吉田の穴を埋める選手は皆無だ。それほどに替えの利かない選手なのだ。

イングランド・プレミアリーグのサウサンプトンでも大きな信頼を集めているように、吉田は日本にいるわれわれが思う以上にクレバーで価値の高い選手なのだと思う。世界に知られる歴戦のストライカーとリーグ戦などで毎週のように対峙(たいじ)している。それらの試合を通じて得られる経験値は、Jリーグの比ではないだろう。何より、プレミアのチームに所属していること、そして試合に出続けていることが素晴らしい。その意味で、吉田はアジア最高レベルのCBだろう。

図らずもこの日、槙野智章とCBのコンビを組んだ昌子源の「相手の20番は日本にいないタイプ」という言葉が印象に残った。この試合で2得点を決めたハイチの背番号「20」デュカン・ナゾンについて、驚いていたのだ。確かに左から逆サイドネットに打ち抜いた30メートルの3点目はすごかった。Jリーグであの距離からシュートを打ってくる選手はほとんどいない。だが、W杯においてあの距離はシュートレンジとして当たり前なのだ。

Jリーグでプレーする選手には見えないピンチやチャンス。世界中から多様な人種が集まるだけに、様々なタイプの選手と対戦する機会が日常となっている海外組は、その対応力が国内組より高くなって当然だ。

その中で日本代表というチームを考えた場合、圧倒的な経験値とサッカーで次に何が起こり得るかを予測する知識を備えているのは、チームの背骨を成す2人の選手だ。それは、吉田とキャプテンで守備的MFの長谷部誠。チームのセンターラインに位置する2人が、知識のない者が気づかない場面でも、絶妙のバランスで組織をコントロールしているということだ。今回のハイチ戦では吉田も長谷部も出場しなかったが、長谷部だけが抜けたときもチームはひどい状態になる。それゆえに、ロシアでこの2人のキーマンの一方でも欠くことになったら、日本代表が勝負することはかなり難しくなる。

これはハリルに限らずジーコ・ジャパン時代から指摘され続けていることだが、「国内組を軽視している」という意見をよく耳にする。確かに、Jリーガーでも海外組より技術の優れる選手はいるだろう。それでも歴代の代表監督がなぜ海外組を重用するか。それは異質なタイプの選手との対戦経験が豊富だからだろう。そして、日本代表が対戦する相手は基本的に外国のチーム。日本人としか対戦経験のない選手では厳しいのだ。

とは言え、“純国産”であってもすごい選手が生まれるのも事実だ。遠藤保仁は誰が見てもすごい。そして、遠藤もまたピッチで起こり得る現象に対する恐ろしいほどの知識と洞察力を備えている。

大切なのは頭を使うこと。それに尽きるのだ。

岩崎龍一(いわさき・りゅういち)のプロフィル サッカージャーナリスト。1960年青森県八戸市生まれ。明治大学卒。サッカー専門誌記者を経てフリーに。新聞、雑誌等で原稿を執筆。ワールドカップの現地取材はブラジル大会で6大会連続。



「サッカーコラム」中位チームに許された特権 シーズン終盤のチャレンジが広げる来季の戦術

FC東京―磐田 後半、競り合うFC東京・東(左)と磐田・山田=味スタ
FC東京―磐田 後半、競り合うFC東京・東(左)と磐田・山田=味スタ

優勝争いにも、降格にも関係がない中位のチームによる対戦。リーグ終盤にさしかかったこの時期のJリーグの試合内容には、当たり外れがあるようだ。観客からチケット代を頂いているのだから、選手たちが手(足?)を抜くことはないだろう。当然だが、素晴らしい試合もある。ただ、中位のチームはリスクを冒してでも勝ち点獲得に執着するという気概に欠けるところがある。それだけに、“外れ試合”を観戦にいくと興奮のないまま帰路につかなければならない場合がある。

9月30日に行われたJ1第28節、FC東京(11位)と磐田(6位)の一戦は、内容を楽しむという点から見れば、正直つまらないものだった。記録では、シュートはともに6本ずつとなっているが、決定的なチャンスは両チームを通して一度だけ。磐田のMF中村俊輔の左CKをFC東京のGK林彰洋がいわゆる“かぶった”状態となったことで、こぼれたボールを林の背後にいた磐田のFW川又堅碁がシュート。これがクロスバーを直撃した前半41分のプレーだけが、ゴールに限りなく近づいた瞬間だった。

両チームに得点もなく、それに伴う喜びもない0―0の引き分け。それでも、両チームは中位のチームだけがこの時期にできる試みをしていた。それは、来季を見据えた新しいオプション作りのためのテスト。公式戦でこのようなチャレンジができるのは、中位チームの特権だろう。

試合を前にして、大きなチャレンジに取り組み始めたのは磐田だ。磐田と聞いて誰もが思い描くのは、3―4―3の3バック。それをこの試合では4バックに切り替えていた。4―2―3―1の新たなフォーメーションについて、名波浩監督は「守備については非常にコンパクトにできた」と合格点をつけた。その一方、攻撃に関しては「相手に合わせてなかなかリズムが上がらなかった」とシュートの少ない試合を振り返っていた。

攻撃がスムーズに展開しなかった理由。それは、テストを兼ねて新たに組み込まれた選手がうまく機能しなかったこともある。2014年以来、3シーズンぶりの磐田復帰となった山田大記だ。2012年にクラブ最年少の23歳でキャプテンを任された元日本代表選手は、ブンデスリーガ2部のカールスルーエから戻ってきてこれが3試合目。先発で出るのはこの試合が復帰後初だった。

ドイツでは攻撃的MFではなくボランチを務めることが多かった。名波監督も「2列目の空気とか忘れてしまっているので、彼(山田)に伝えたのはリハビリのつもりでリラックスして」との言葉をかけて送り出した。久しぶりに2列目の中央でプレーした山田は「気楽には入れたけど、本当にリハビリみたいになってしまった」と、自らのプレーの不出来を自虐的に語った。

中村俊輔が現状を「次に進むために、引き出しをちょっとずつ作る」と表現した磐田の取り組み。観客からすれば「シーズン中の公式戦でテストとは何事か」となるのだろう。

しかし、来季を見据えて戦術の幅を広げるのは、一歩間違えれば翌年の残留争いに巻き込まれかねない中位のチームには不可欠の作業だ。事実、降格から逃れた安心感からか目先の試合をチームの成長につなげられず、翌シーズンに大苦戦しているチームがある。その意味で数字上では優勝の可能性を残すものの現実的にはタイトルが不可能な時点で、この決断をした名波監督の割り切り方には典型的なリアリストとしての指導者像が見える。

一方のFC東京も安間貴義監督が指揮を執るようになってから変化が出てきた。この試合では3―4―3のボランチに、これまで3トップのサイドで起用されることが多かった東慶悟を起用。その出来について安間監督は「ハマったんじゃないかな。彼には、ありがとうといいたいぐらい頑張った」と評価した。そこには、新布陣に対してある程度の手応えを感じていることがうかがえた。

しかし、FC東京の場合は磐田とは状況がちょっと違うだろう。安間監督がリーグ戦でチームの指揮を執り始めてから、まだ3試合目。シーズン途中に監督が交代するのは、チームが最悪の状況に陥っていることを意味する。それを考えれば、新監督が手始めにやるべき仕事はチームを通常の姿に引き戻すことになる。

それにしても豪華だった。古い歌謡曲で例えれば「昔の名前で出ています」かもしれないが、後半25分に永井謙佑と交代してピーター・ウタカが投入された瞬間、FC東京の3トップは歴代のJ1得点王が並んだ。前田遼一、大久保嘉人、そしてウタカ。計6度の得点王に輝くこの3人をもってしても点が取れないのは、チームに何らかの問題があるからだろう。FC東京は早急に、その解決の糸口を見つけ出さなければいけない。

岩崎龍一(いわさき・りゅういち)のプロフィル サッカージャーナリスト。1960年青森県八戸市生まれ。明治大学卒。サッカー専門誌記者を経てフリーに。新聞、雑誌等で原稿を執筆。ワールドカップの現地取材はブラジル大会で6大会連続。



岩崎龍一のバックナンバー 最新のエンタメスポーツへ
アラーキーの幸福写真
乃木坂/ギャルママ(下)

    スタジオでの撮影が続く。17歳で長男を出産した大工原里美さんは、3人の子どもとカメラ…