47NEWS >  エンタメ >  玉木美企子の音楽玉手箱
音楽玉手箱
「DVD=1」 ヤバイTシャツ屋さん『Tank-top of the DVD』 遠い夢を語るわけでも深い愛を歌うわけでもないが…

ヤバイTシャツ屋さん『Tank-top of the DVD』
ヤバイTシャツ屋さん『Tank-top of the DVD』

「そんなこと前から知ってたよ」。そう社会から言われるようなことをサラリとかたちにする人こそ、真の天才である。なんて言ったのは誰だったか。それにならうと「ヤバイTシャツ屋さん」は間違いなく天才バンドである。『流行りのバンドのボーカルの男みんな声高い』『DQNの車のミラーのところによくぶら下がってる大麻の形したやつ』などなど、楽曲タイトルからしてもう、この時代の空気を巧みに切り取っているが、本作でライブもまたしかりであることが、よくわかった。

3人組ロックバンド「ヤバイTシャツ屋さん」による“どうぶつえんツアー”追加公演の模様を収録した本作。公式ホームページにもとくに年齢は書かれていないが、間違いなくメンバー全員が平成生まれだ(もはやそんなことは当たり前になってきたのだな……)。そして観客も、彼らとほぼ同年代と見受けられる。

彼らが放つサウンドやパフォーマンスは熱いが、MCは終始ゆるゆるとしていて等身大。そして楽曲は遠い夢を語るわけでも、深い愛を歌うわけでもない。それなのに、会場はどんどん熱を帯びていく。『喜志駅周辺なんもない』で、『週10ですき家』で、拳を突き上げ盛り上がるっていったいどういうことだ?(ちなみに2つとも楽曲のタイトルです)と、昭和生まれの私はふと思ってしまいそうになるが、いいのだ、彼らにとっては、それこそがリアルなのだから。

ありもしない理想を追う余裕はなく、インスタ映えしない日常はフィルターで盛って、小さなコミュニティーでの承認を糧にぽつりぽつり歩いていく。そんな時代のなかで、彼らの音楽とパフォーマンスは、多大なる共感とともに人々を束の間の解放へと導いていく。ある種、純文学のような趣のあるバンドだと、最後には深く深く感心してしまった。

(ユニバーサルミュージック・3241円+税)=玉木美企子



「DVD=2」 天童よしみ『歌人生45年の軌跡』 ほがらかに、実直に

天童よしみ『歌人生45年の軌跡』
天童よしみ『歌人生45年の軌跡』

まばゆい金色の衣装に身を包み、のっけから『珍島物語』を完璧に歌い上げたその後、開口一番に「みなさま、(わたし)綺麗ですか?」。思わず笑ってしまった。歌へのひたむきさ、実直さのなかにも、心あたたまるやさしさ、ほがらかさがあって――。なんとチャーミングな、魅力的な歌い手さんなのだろうと、仰ぎ見るような気持ちになる。

天童よしみの「歌人生」45周年を記念し、2017年1月に行ったコンサートを収録した本作。『可愛いベイビー』『「いなかっぺ大将」より 大ちゃん数え唄』『道頓堀人情』など、自身のライフヒストリーを歌とともに時系列で追いかけていく趣向は、45周年の記念公演にぴったりの演出だ。歌と歌の間に人生を振り返るエピソードを披露し、涙ぐむその姿。今でこそ押しも押されもせぬ存在だが、ヒット曲を世に送り出すまでの苦労や、それを支えた父母の存在などを語りながら胸を詰まらせる様子に、「そうか、どんな人も地道な努力は見えづらいものだなあ」と、感慨深くこれまでの道のりを思った。涙、また涙のコンサートの背景をうかがい知ることができる、特典映像のロングインタビューも必見だ。

(テイチクエンタテインメント・4630円+税)=玉木美企子



「DVD=3」 マドンナ『Rebel Heart Tour』 まるで自然の化身のような

マドンナ『Rebel Heart Tour』
マドンナ『Rebel Heart Tour』

「Rebel Heart」とは、「反抗心」「反逆精神」の意味だそうだ。なるほど、檻に入って登場したマドンナが、そこを飛び出し、数多の「敵」を倒しながら歌い、叫ぶ。自らの身を縛るあらゆるものに抗うように声をあげるその姿は、マドンナ様!と崇めたくなるような、力強い輝きを放つ反逆の神さながらだ。

2015年からはじまったマドンナの世界ツアー「Rebel Heart Tour」のなかから、じつに23年ぶりの上陸となったオーストラリアでの公演の模様を収録した本作。前述のようなハードなパフォーマンス(日本人ダンサーAyaBambiの存在がとても効果的にはたらいていた)があったかと思いきや、『Like A Virgin』などでは一転、コミカルでコケティッシュな一面も。押しの一手ではない、緩急のついたパフォーマンスで、満員のシドニー・スーパードームを見事に熱狂の渦に導いていく。

強さもあり、やさしさもあり、厳しさもある。そして愛にあふれている。もはやマドンナは自然の化身のようだ。どんな人も、ここに居ていい。思いのままに自分を解き放てばいい。表現の激しさとは裏腹に、心地よいほどの包容力を感じた。

(ユニバーサルミュージック・3900円+税)=玉木美企子



玉木美企子のバックナンバー 最新の音楽玉手箱へ
アラーキーの幸福写真
乃木坂/ギャルママ(下)

    スタジオでの撮影が続く。17歳で長男を出産した大工原里美さんは、3人の子どもとカメラ…