音楽玉手箱
「大ヒット盤」『テレビ東京系「THEカラオケ★バトル」BEST ALBUM』 聴き心地よい上位常連者の競演

『テレビ東京系「THEカラオケ★バトル」BEST ALBUM』
『テレビ東京系「THEカラオケ★バトル」BEST ALBUM』

人気カラオケ番組の上位常連者による歌唱集。時に機械による採点は批判もされるが、こうして満点近い演者を連続して聴くと、五輪競技の中継を見るようで面白い。

本編の10曲中8曲がカバー。奄美出身の城南海が『月のしずく』を歌うとより神がかるし、オペラ歌手の翠千賀が『ヘッドライト・テールライト』を歌うと、その流麗さに“ライト”が銀河を突き抜けるのを想起する。

他方、鈴木杏奈は中1にして、実に正確な音程や発声で『白いパラソル』を歌うが、“愛の予感”には、聖子のキャンディ・ボイスが欲しくなる(無論、アクの強い原曲の物真似にならない時点で、鈴木は相当の実力者だ)。

“高得点”と“プロ”の違いを感じるものはあるが、全体的に聴き心地が良く、豊潤な歌声は最高のお手本だ。また、松井五郎×馬飼野康二コンビによるオリジナルの2曲を複数で歌っているのを聴くと、好敵手にして仲間だと実感する。本作を聴けば、趣味レベルの何かでも極めたいと思うはず。

(ポニーキャニオン・3000円+税)=臼井孝

この商品を購入する



「再ブレーク盤」Ms.OOJA『AGAIN』 表現者として更なる成長見せる

Ms.OOJA『AGAIN』
Ms.OOJA『AGAIN』

女性歌手の5thオリジナル。バラードの『Be...』やカバー・アルバム等で歌唱力に定評があるが、本作では表現者として更なる成長を見せている。

まず、序盤の4曲はとにかく前向きな応援歌。特に、『You are Beautiful』や『花』は、力強い歌声の中に長い下積みを経験した人ゆえの説得力がある。

中盤の6曲は、恋愛で浮かれている『My Darling』から、泥沼の恋愛に束縛される『サイレントティアーズ』まで様々な恋歌が並ぶ。彼女のリアリティある歌声は、誰もが予想外の恋に落ちうることを実感させる。

そして、終盤の3曲は、親への感謝、心の灯火、そして自伝的な『ONE WAY』と、より広義の応援歌が続く。特に、『ONE~』の「もう嫌になるくらい/もっと信じて信じて」と、切々と歌う部分に強く共感した。

ボーナス曲として『FunFunChristmas』の日本語カバーも追加。ふだん弱みを見せられない姐御肌の女性にとっても、本作は心の拠り処となるはず。

(ユニバーサル・3000円+税)=臼井孝

この商品を購入する



「隠れた名盤」坂本美雨 with CANTUS『Sing with me II』 国内外の名曲を穏やかに歌う

坂本美雨 with CANTUS『Sing with me II』
坂本美雨 with CANTUS『Sing with me II』

女性の聖歌隊と共演した2作目。坂本自身の出産をキッカケに制作されているが、日々お疲れな大人にもオススメ。

全9曲、上品なコーラスワークと最小限の演奏のもと、坂本が子守唄や国内外の名曲を穏やかに歌う。特に、プリシラ・アーンの『Dream』では、アンビエントな演奏や坂本の優しい歌声やコーラスが、まるでランプの炎のように明るくする。自身の英語曲『The Other Side of Love』では、原曲における女性の孤独を癒すようだ。

他方、日本語の歌唱では、水を想起させる透明感が際立つ。アカペラで歌う大貫妙子の『メトロポリタン美術館』は、童話の世界で水滴が踊るようだし、宮沢和史の『遠い町で』は、清流のある田園から相手を見守るようだ。

スズキタカユキ氏によるアートワークも、ほのかな灯りと清らかさをモチーフとしているようで心が和らぐ。本作を聴けば、ただゆっくりと過ごすことが、貴重で愛おしく思えるはず。

(ヤマハミュージックコミュニケーションズ・2778円+税)=臼井孝

この商品を購入する



音楽玉手箱のバックナンバー 音楽玉手箱一覧へ
アラーキーの幸福写真
乃木坂/ギャルママ(下)

    スタジオでの撮影が続く。17歳で長男を出産した大工原里美さんは、3人の子どもとカメラ…