格闘技
「黄金のミドル級」で頂点目指す 五輪金メダルの村田諒太が世界初挑戦

記者会見する、WBAミドル級2位の村田諒太=4月3日午後、東京都内のホテル
記者会見する、WBAミドル級2位の村田諒太=4月3日午後、東京都内のホテル

2012年ロンドン五輪ミドル級で金メダルに輝いた世界ボクシング協会(WBA)ミドル級2位の村田諒太(帝拳)が5月20日、東京・有明コロシアムで同級1位アッサン・エンダム(フランス)とWBAミドル級王座決定戦を行うことが決まった。

昔から「黄金のミドル級」と呼ばれているほどの人気階級で、金メダリストのプライドを見せつけることができるのか。念願の初舞台に向け、「間違いなくタフな試合になるだろう。相手の強さも分かっている」と気持ちを引き締めている。果たして、夢をつかめるだろうか。

ミドル級の歴史は古く、シュガー・レイ・ロビンソン、エミール・グリフィス(ともに米国)、カルロス・モンソン(アルゼンチン)らのスーパースターを生んだことで知られている。

現在もWBAスーパー王者ゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)のハードパンチがファンをとりこにしている。

これまでミドル級で世界を獲得した日本人は、1995年にWBA王座を獲得した竹原慎二ただ一人。それほど壁は厚い。

その牙城に挑む村田はエリートコースを快走している。五輪で金メダルを獲得後、13年8月、2回TKO勝ちでプロデビュー。いきなり4連続KO勝ち。その後、判定勝ちが目立っていたが、16年から4連続KOを続行中だ。

積極的なファイトでKOを狙い、チャンスになると思い切って左右フックをたたき込む。プロの水にもようやく慣れ、パンチに磨きがかかってきた。戦績は12勝(9KO)無敗。勢いのある31歳だ。

しかし、エンダムは簡単な相手ではない。元世界ボクシング機構(WBO)王者という実績があり、35勝(21KO)2敗の高勝率の持ち主。カメルーン代表として五輪に2度出場している。

メダルには届かなかったが、アマで鍛えたテクニックには定評がある。打たれ弱さが指摘されているが、それ以上に積み上げたキャリアは侮れない。

本番まで1カ月余り。日本開催が決まったことへの感謝を忘れず、マイペースで順調に仕上がっているようだ。

予想は難しい面もあるが、ここ1年の充実度を見るかぎり「新王者誕生」の可能性が膨らんでいるような気がする。

日本人の五輪金メダリストの世界挑戦は1968年の桜井孝雄(東京五輪バンタム級)以来、2度目。「ベストのファイトを心がけ、周囲の期待に応えたい」。好漢が勝負のときを迎えた。(津江章二)


ブックマーク用固定リンク先→「黄金のミドル級」で頂点目指す 五輪金メダルの村田諒太が世界初挑戦


スーパースター2人が競演 ゴロフキンとゴンサレス登場(03月14日)

視野に入った具志堅の日本記録 12度目の防衛戦控えた山中慎介(02月14日)

TKO防衛井上と判定負けの内山 明暗分けた2人の強打者(01月10日)

祖国と妻を捨てたナポレスの決断 キューバ革命とボクシング(12月13日)

内山高志、大みそかに雪辱なるか 打倒コラレスを誓う前王者(11月08日)

現役続行か、それとも勇退か 3階級制覇の長谷川穂積(10月11日)

「夢の対決」実現へ大きく前進 井上尚弥対R・ゴンサレス(09月13日)

17連続KO防衛にあと「1」 世界記録に挑む王者ゴロフキン(08月09日)

和気慎吾、初の世界戦が実現 強打のSバンタム級ホープ(07月12日)

群を抜くスピードとテクニック アリ氏ヘビー級最強説(06月14日)