47NEWS > エンタメ > のら猫万華鏡

洞口依子・のら猫万華鏡

2017年01月20日

私の「沈黙」=前編

私の「沈黙」=前編

 いよいよ1月21日から公開されるマーティン・スコセッシ監督の『沈黙 サイレンス』。なんと、私もちらりと出演させていただいた。  情報解禁を受けた昨年末から、あちこちに『沈黙』や『Silence』という文字を見つけるたびにニンマリしている。  テーブルの雑誌表紙に『Since』の文字を見つけ「あ、Silence!」と見間違うほど。家族には「大丈夫?」と笑われている。  キリシタン弾圧の渦中の江戸時代初期の長崎。  『沈黙 サイレンス』は、ポルトガル司祭ロドリゴが、拷問に屈し棄教したとされるフェレイラ教父を探しに「キチジロー」という名の日本人漁夫とともに密入国するも、結局役人に捕らわれ、自身も「転ぶ(棄教)」ことを強いられ、信仰と沈黙したままの神という存在の疑念に板ばさみになってゆくという、日本の特性とキリスト教という神学的な主題を扱った、史実に基づいた遠藤周作の小説を映画化した…[続きを読む]

過去記事

一覧へ

平成生まれの成人式と向田ドラマ

平成生まれの成人式と向田ドラマ

01月11日

 今年はあっという間に松が明けた。  そんな気がしてならない。  50を過ぎて年を重ねるという時間の流れのなんと早いこと。  そんな早さに気付かされたきっかけは、今年の成人式だった。  今年の新成人は1997年生まれ、なんとわたしが入籍した年なのだ。  もう20年? …[続きを読む]

クリスマスとチャーリー・ブラウン

クリスマスとチャーリー・ブラウン

12月20日

 今年も街を彩るクリスマスのイルミネーションのあれこれ。  いつの頃からだろう、このイルミネーションがはやりだしたのは。  もはや街中がテーマパーク状態。  先日、目黒川のほとりを歩いていたら、宝来橋から朝日橋にかけてイルミネーションが点灯していた。  灯りの方へ近づいてゆ…[続きを読む]

那覇・桜坂「おでん悦ちゃん」

那覇・桜坂「おでん悦ちゃん」

12月13日

 近頃、矢鱈に訃報がこたえる。  私が年をとったせいだろうか。  そんな年の瀬。  忘年会シーズンも到来。  忘年会とは一年の区切りの慰労をする宴会。  年の瀬の賑やかな飲食店の店内。  あちこちの宴席を遠目に、カウンター席で杯を傾けながらしみじみ思う。  忘年というけれど、…[続きを読む]

洞口依子

洞口依子(どうぐちよりこ)

女優。1980年、「週刊朝日」11月7日号の表紙を飾り、雑誌「GORO」で篠山紀信の「激写モデル」として芸能界デビュー。85年、映画「ドレミファ娘の血は騒ぐ」(黒沢清監督)の主役に抜擢された。この時共演した伊丹十三監督の「タンポポ」「マルサの女2」に出演。テレビドラマでは92年の「愛という名のもとに」(フジテレビ)、97年の「ふぞろいの林檎たち」(TBS)などで個性的な演技を披露し、女優としての地位を確立した。2004年に子宮頸がんを発病したが克服し、06年に復帰。07年には闘病生活を綴った「子宮会議」を発刊。女優業の傍ら、ウクレレバンド「パイティティ」でライブ活動もしている。週刊文春「シネマチャート」連載中。