47NEWS >  エンタメ >  花まるシネマ >  『バッド・ウェイヴ』 ブルース・ウィリスのとんでもない脱ぎっぷりに注目

『バッド・ウェイヴ』 ブルース・ウィリスのとんでもない脱ぎっぷりに注目

2017年10月03日

(C)2016 VENICE PL, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
(C)2016 VENICE PL, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

映画『ダイ・ハード』などで知られている、ブルース・ウィリス主演のアクション映画。ブルースが演じるのはアメリカのカリフォルニアにあるベニスビーチで活躍(?)している私立探偵のスティーブ。元々ベニスビーチって、サーファーとルーザー(負け犬)しかいないような街なんですが、この映画はブルースがルーザーのスケーターおやじ(!)という驚愕の設定になっています。

この映画、ガンアクションより何よりも、一番すごいのは62歳ブルースのとんでもない脱ぎっぷり! こう言うと、もしかしたらちょっと上半身の露出があるのかしら? と期待してしまうかもしれませんが、奥さん、ご安心を! なんとフルヌードでスケボーに乗ってカーチェイスするという前代未聞のアクションに挑戦しています。もう逃げも隠れもできないくらい、丸出し状態でスケボーしているので思わず「ワオ!」と声を上げてしまったほど。大事なところだけうまく隠しながらスケボーで車から逃げ惑い、「安心してください! 履いていません」状態になってます。

先日公開された映画『ザ・マミー 呪われた砂漠の王女』では、トム・クルーズがやはりフルヌードになったシーンが話題でしたが、ハリウッドのベテラン勢はなぜこんなに脱ぎたがるのか!? 「俺はまだまだイケるぜ」アピールがものすごい。ただ、たしかにまだまだイケるのは正解! ストーリーラインが全く頭に入らなかったほどでしたので、60代の全裸アクションは一見の価値ありです。★★★★☆(森田真帆)

10月7日から全国公開

監督:マーク・カレン

出演:ブルース・ウィリス、ジョン・グッドマン、ジェイソン・モモア






アラーキーの幸福写真
乃木坂/ギャルママ(下)

    スタジオでの撮影が続く。17歳で長男を出産した大工原里美さんは、3人の子どもとカメラ…